この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX23】渋い試合でアルヴィーが、マーコート越え

<ミドル級/5分3R>
サム・アルヴィー(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ネイト・マーコート(米国)

サウスポーのスマイリー・アルヴィーが右ローをまず蹴っていく。2発、3発と遠い距離から右ローを見せるアルヴィーに対し、マーコートは飛び込むようにパンチを伸ばし組みつく。逆にケージにマーコートを押し込んだアルヴィーだが、再び体を入れ替えられ首相撲に取られる。ケージ際の攻防は残り2分でブレイクが命じられ、両者は離れた。

遠目の距離をキープした両者の飛び込みながらの攻撃は当たらないまま、初回が終了しようかという時に距離をつめたアルヴィーが首相撲からヒザを狙うも、観客のブーイングは止らなかった。

2R、マーコートの左ローにワンツーを打っていったアルヴィー。マーコートも右を当てて前に出ると、そのまま右を続ける。離れて右ローを入れたマーコートに対し、今度アルヴィーが走りこむようにショートを打っていく。マーコートは右ハイを繰り出し、直後に組みの展開に。離れたマーコートにアルヴィーが左ハイを狙うも届かない。アルヴィーは右に続き左をヒット、もう一発左を入れて間合いを取り直す。気が付けば流血に見舞われているマーコートは右を当てるシーンもあったが、パンチを当てられて頭を下げるシーンが終盤は多くなったラウンドだった。

最終回、距離を詰めてきたアルヴィーにマーコートの右がヒット。アルヴィーは間合いを外して距離を取り直す。右アッパーを当てたアルヴィーだったが、直後に組んだマーコートがバックに回り、自ら後方に倒れ込んで寝技に持ち込む。両足をフックしたマーコートがバックマウントから左のパンチを入れる。

肩固めに移行しようとしたところで起きあがったアルヴィーは、続く組み合いで両ワキを差してケージにマーコートを押し込みながら離れる。だからといってラッシュを掛けるわけでもなく、試合は残り20秒を切る。最後までファンの臨む展開とならず、ブーイングのかで試合は終わり、アルヴィーが判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY