この星の格闘技を追いかける

【Bellator170】ソトがローでブラウンを下す

<フェザー級/5分3R>
アレックス・ソト(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
デマーカス・ブラウン(米国)

左を伸ばすブラウンに対し、ソトはショートの連打から組んでいく。ケージにブラウンを押し込むも、試合がケージ中央へ戻るとソトが差し上げテイクダウンを狙う。離れたブラウンは左ジャブに続き、左ミドルを蹴っていく。大きなパンチを振りながら前に出たソトに、ブラウンの左が当たりダウンを奪う。

寝技を選択せず、スタンドで待ったブラウンはソトのボディロックからのテイクダウン狙いも切り、下がりながらのカウンターをパンチだけなく蹴りでも狙っていく。ソトは右フックを当てるが、ブラウンがハイを返す。それでもソトは右ローを蹴って前に出ていく。ジャブ、左ローを入れるブラウンが初回をとった。

2R、ソトが右を伸ばして前へ。続く右フックでブラウンがバランスを崩す。すぐに立ち上がったブラウンに、ソトが右を再び入れる。蹴りを入れて離れるブラウンにソトはスーパーマンパンチで飛び込み右ローを蹴る。ソトの前進を左ジャブで止め、左ミドル&前蹴りを続けたブラウンはいなすファイトを展開も右フックを被弾する。スイッチからミドル、戻して右ローとソトの手数が多くなる。

ソトのプレッシャーが強まり、ブラウンは遠目からの攻撃が目立つように。ソトは構わず前に出て圧でブラウンを上回るラウンドとなったか。

最終回、ブラウンは左ジャブをダブルで伸ばし、ソトの前進に右を狙う。ソトは飛び込むように右を当て、離れるブラウンを追いかけて左ロー。ブラウンの左ローに右を合わせようとしたソトの前進が続く。空振りしながらも、数を出し当てるソトが左ボディフック、そして右ロー。

構えを変えても前足を蹴られるブラウンは、回る&下がるシーンが多すぎる。パンチを当てないとポイントを失うであろうブラウンだが、そのパンチの距離が遠くローの餌食になり続ける。ブラウンのレンジがソトのローの距離のまま試合は進む。回るブラウンにローを蹴るというリズムを掴んだソトが、2&3Rを取り判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie