この星の格闘技を追いかける

【UFN103】ダナ・ホワイト発掘のパウエル、良いところなくクローズに判定負け

<ライト級/5分3R>
ドラッカー・クローズ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
デヴィン・パウエル(米国)

ダナ・ホワイト・ルッキン・フォー・ア・ファイトで発掘されたパウエルが、同じくUFC初陣となるクローズと対戦。左右のフックから飛び込んでヒザ蹴りを見せるクローズが、パウエルをケージに詰める。体を入れ替えようとしたパウエルを回したクローズが、ヒザ蹴りをボディに突き刺す。

ケージに詰まられパンチとヒザ蹴りを受けるパウエルは、離れようとしたところでパンチを被弾して抱え上げられてテイクダウンを奪われる。スタンドのままでローを入れるクローズ。レフェリーがブレイクを命じ、パウエルが立ち上がるも厳しい展開が続いた。

2R、左に回りながら左ハイを見せたパウエルだが、突進したクローズのヒザ蹴りにバランスを崩す。ガードの展開を欲したもののレフェリーに立たされたパウエルは、クローズの右フック、左ストレートを被弾する。何とか組んでケージにクローズを押しこもうとするが、すぐに体を要ら駆られるパウエルは左エルボーを当てていく。

放れたクローズの右を当てられたパウエルは、力のないハイやサイドキックを見せるので精いっぱいか。エルボーを見せて距離を取ろうとしたところで自らバランスを崩すなど、青息吐息のパウエルはケージに押し込まれると、ブレイク後に簡単にダブルレッグでテイクダウンを奪われた。

最終回、ワンツーから左ミドルを入れたクローズ。ケージにパウエルを押し込んで右エルボーを2発打ち込む。レフェリーが両者を分けて仕切り直し後も、パウエルは左ミドルを当てられまっすぐ下がる。下がりながら右アッパーを狙う場面も見られたパウエルだが、空振りとなり右ストレートを被弾。そのまま反撃することなく、パウエルは判定負けとなった。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF