この星の格闘技を追いかける

【Special】2016年の新チャンピオン──8月編、IMMAF世界王者が3戦目の戴冠──於MMAPLANET

adriano-moraes【写真】Invicta世界女子フライ級に続き、長期間に渡り正規王者がタイトルを保持したまま実戦の場に現れないONEフライ級に暫定王者モラエスが誕生した(C)ONE

今週末はクリスマスということもあり、海外のメジャーMMAイベントもウィンターブレイクに入った。そして国内ケージ大会も開催はなく年末のイベント再開前に今年、誕生したMMAチャンピオンをMMAPLANET上で振り返りたい。

題して──2016年の新チャンピオン、今回は8月に誕生したチャンピオンを紹介します(戦績は王座奪取時点)


■8月5日 Titan FC40@フロリダ州コラルゲイブルス バンクユナイテッド・アリーナ
【Titan FCライト級王座】
フレディ・アスンソン(ブラジル)def.JZ・カバウカンチ(ブラジル)

フレディ・アスンソン
1984年7月19日生
MMA戦績10勝1敗
「長兄ジュニオルは元UFCファイター、次兄ハファエルは長らくUFCバンタム級のトップ戦線で活躍。アスンソン3兄弟の末弟フレディはコディ・ボーリンガーらを相手にTitan FCで2連勝し、JZの持つライト級王座に挑戦。蹴りを織り交ぜたパンチでJZの前進を阻んだフレディがシングルレッグにギロチンを合わせて王座戴冠」

【暫定Titan FCフライ級王座】
ホゼ・トーレス(米国)def.アブディエル・ヴェラスケス(米国)

ホゼ・トーレス
1992年8月2日生
MMA戦績3勝0敗
「正規王者ティム・ブルックスがTUF24のメンバーになり戦線離脱。暫定フライ級王座がキャリア7勝2敗のヴェラスケスと2勝0敗のトーレスの間で争われた。そして王者に輝いたトーレスは、アマMMAで25勝1敗のレコードを誇り、IMMAF世界王者に2度輝いている。カレッジ・レスリングはD-2だが、同時にMMAだけでなく、キック、ムエタイでもベルトを巻いている万能、要注目のファイターだ」

■8月13日 ONE45@マカオ ヴェネチアン・マカオ内コタイ・アリーナ
moraes【暫定世界フライ級(※61.2キロ)王座】
アドリアーノ・モライシュ(ブラジル)def.ディレク・バティロフ(キルギス)

アドリアーノ・モライシュ
1989年4月21日生
MMA戦績:15勝2敗
「2015年12月の王座奪取以来、正規王者カイラット・アクメドフが一切試合に出場しておらず、その理由の説明もなく、また返上&剥奪にもならない状態で暫定王座決定戦が組まれた。そしてアクメドフにベルトを奪われたモライシュがONE初戦のバティロフを下しベルトを腰に巻いている」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie