この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】北田のテイクダウンを切り続け、石司が8連勝達成

<バンタム級/5分3R>
石司晃一(日本)
Der.2-0
北田俊亮(日本)

右に回る北田が踏み込んで左を当てる。ケージ中央に位置取る石司は右ローを続ける。組んだ北田が石司をケージに押し込むと、右ヒジを振りながら離れる。ジリジリと強める石司が引き続き右ロー、北田が組むが逆にケージを背負う状態に。即ブレイクが入り、北田が左を伸ばす。石司は右前蹴り、組みを切って首相撲でヒジを入れる。離れた両者、石司は前蹴り&右ロー、北田のダブルでケージに押し込まれなおヒジを打つ。

右腕を差してテイクダウンを防ぐが、シングルに切り替えた北田が尻餅をつかせる。すぐに立ち上がった石司は間合いを外した北田との距離を詰めて右を伸ばす。さらに首相撲からヒジ打ち、北田が眉間をカットし初回が終わった。

2R開始直後に組んだ北田だが、石司が右を差して防ぐ。一旦離れて、すぐに組んでいった北田の頭部に石司がヒジを落とし、スイッチを狙う。離れた北田に右ミドルを蹴っていった石司、北田組んでケージへ。体を入れ替えた石司は間合いを外し、右前蹴り。北田はまたもダブル、右腕を差し代えた石司だがついにダブルを決めた北田はスクランブルでギロチンへ。

頭を抜いて立ち上がった石司に、とにかく北田が組んでいく。残り1分でブレイクが入り、石司が右ストレート、組んできた北田に対しスイッチでバックを取る。両足をフックしてRNCに入った石司、ここでタイムとなった。

最終回、やはり組んでいく北田。押し返して離れた石司は、続くダブルに右腕を差していく。ブレイクが掛かり、離れた両者。石司のロー&ジャブに北田は組んで右腕を差し上げる。四つ組みの攻防もレフェリーに分けられると、北田のテイクダウン狙いをいなした石司が左ジャブを入れる。左ロー、左にジャブに踏み込む北田はポジションを失ったラウンドがあり、このままでは勝てない。

残り1分のブレイク後、ひたすらドライブの北田。石司は側頭部にエルボー、引き込みから潜ろうとした北田を潰した石司が2-0で判定勝ちを収め戦績を8勝1分とした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie