この星の格闘技を追いかける

【RFC34】打・倒で完全に上回ったアガエフが、ソン・ケナンから判定勝利

LINEで送る
Pocket

<ウェルター級/5分3R>
エルヌール・アガエフ(ロシア)
Def.3-0
ソン・ケナン(中国)

左ローを蹴ったアガエフ。ソンは左ローを腿に受けた直後に左サイドキックを繰り出す。アガエフの右フックがソンの頭部に当たりガツンという音がする。同時にソンが放ったローが急所に入り試合が一時中断。再開後、アガエフは左ハイからダブルレッグへ。パス狙い合わせて、立ち上がったソンと左ローを蹴り合う。アガエフはスピニングバックキック、ソンは左ハイを放った直後にダブルレッグでテイクダウンを取られる。

ソンはギロチンを仕掛けたが、クラッチが甘く頭を抜かれる。バタフラガードから立ち上がろうとしたソンにアガエフはヒザ蹴りを蹴りこむ。スタンドに戻ったソンにワンツーを打ち込み、直後にダブルレッグをアガエフが決める。ソンのキムラは足が絡んでおらず効果なし、ここで初回が終わった。

2R、アガエフは左フック、左に回りながら左ミドルを蹴っていく。右に回って右ストレートをアガエフがヒットさせ動きの止まったソンをダブルレッグでテイクダウン。起き上がり際にパンチを連続で入れる。すぐにシングルを仕掛けたアガエフに対し、ソンがギロチンも外され大きく左目が腫れた顔面にパンチを被弾する。

スイッチを入れつつ左右からパンチを打ち込むアガエフが、左ハイでソンのアゴ先を蹴り抜く。それでも前に出るソンだが、パンチを被弾しダブルレッグでまたも倒されてしまう。早目のブレイクが入り、アガエフが右ストレート、続いて左ヒザを蹴り込む。アガエフは左ミドルを決めてラウンドを締めくくった。

最終回、細かいパンチの連打で前に出るソンだが、アガエフはステップバックで距離を取る。遠い距離のまま蹴りを見せたソンはまたもテイクダウンを簡単に奪われる。インサイドから拳を落とすアガエフだが、レフェリーがブレイクを命じて試合はスタンドに戻る。左右に回りながらロー、右を振るって組みにいくアガエフ。ソンの防御はギロチンが多く、アガエフは余裕をもって離れる。

ソンはサイドキックと左ミドルを見せるが、蹴り終わりの腰が高すぎる。アガエフはここもテイクダウンを決めて試合終了、ソンは余りにもテイクダウン防御が脆かった。


PR
PR

関連記事

Movie