この星の格闘技を追いかける

【AJJC2016】ライト級準優勝、岩崎正寛 「今は勝ちにいく自分がいます」

masahiro-iwasaki【写真】岩崎にとって結果は最上ではなかったが、確かに得るものがあったアジア選手権となった(C)BJ KEN

10&11日(土・日)に東京都足立区の東京武道館で開催された国際ブラジリアン柔術連盟=IBJJF主催のアジア柔術選手権2016(Asian Jiu-Jitsu Championship 2016)に出場した岩﨑正寛。ライト級にエントリーして優勝を目指したが、決勝でホドリゴ・カポラルに惜敗し、マットを叩いて悔しがった。あの瞬間、岩崎の胸に去来したモノとは何だったのだろうか。
Text by Takao Matsui


――アジア選手権は、惜しくも準優勝に終わりました。

「今は、終わっちゃったなという感じですね。大会が終わってから、すぐに練習を再開しました。出し切った部分もあったし、良かった部分もありました」

iwasaki-02――1 回戦、2回戦と着実にポイントを重ねて勝ち上がりました。

「1回戦は立ち方を見て、行けると思いました。腰高だったので、タックルがうまく入るという感じでした。実際に向かって見て、それは確信に変わりました」

――次はホブソン・タンノ選手との再戦でした。

「今回は先にポイントを取れたので、攻防しながら抑えつつ決勝戦のことを考えていました。カポラルが決勝へ来るかもしれないと思っていましたので、なるべく消耗をしたくなかったんです」

――そのカポラル選手は、細川顕選手を十字絞めで破りました。

「細川選手は、出花(崇太郎)選手を破って上がってきたので調子いいなと思っていたんです。でも、目の前でカポラルにやられてショックでした」

――細川選手は足を負傷していたようです。

「そうなんですか!? 知らなかったです」

――カポラル選手と向かい合ってみて、いかがでしたか。

「正直なところ僕のコンディションが悪かったんです。大会直前に喉をやられてしまい、病み上がりの状態でした。でも、実際に試合をしてみたら動けたので、安心しました」

――以前から、調子が悪い方がいい動きができると話していましたが、その通りになりましたね。

「やっぱり、そうみたいですね(笑)」

――カポラル選手の印象は?

「試合が始まって、反応が速いと思いました。フェイントをかけたり呼び込んでみたんですが、反応が速くてタックルに入れなかったですね」

――尻餅をついてのアドバンテージや抑え込まれてのアドバンテージが向こうに入ってしまったようですね。

「ハーフガードに入ったら脇を絞める力が強くて、ディープに行けなかったです。首をとらせてスイープを狙っていったんですけど、場外に逃げられてしまって」

――アドバンテージ1差のリードを許し、なかなか追いつけない展開になりました。

「アドバンテージについてはレフェリーによって個人差が出てくる時もあるので、特別意識して狙いには行きません。不確定な要素に賭けるよりも確実にポイントをとれば、勝てるわけですからね」

iwasaki-01――試合終了間際、レフェリーに何かを聞いてからマットを叩いて悔しがっていました。あれは、予想していたよりもアドバンテージが入らなかったからですか。

「いえ、そうではありません。終了間際に場外から中央へ戻される時、時計を見たらあと5秒、残っていると思っていたので、聞いたらもう『タイムアウトだ』って言われて」

――5秒、残っていたとしたら……。

「テイクダウンを狙いに行きました。あと5秒あれば、それは不可能ではないので。最後の5秒にかけようと思っていました。それができなかった悔しさと後悔でいっぱいでした」

――5秒の後悔ですか。

「あと5秒あったらという後悔よりも、それまでにできることがあったという思いの方が強いですね。最初にタックルへ入って逃げられると思った時に、そこで諦めずに次へ行けるメンタルをつくっておけばよかったなと気づきました」

――なるほど。

「単純に技術をブラッシュアップするだけではなく、メンタル面での強化や準備も必要だなと思いました。それと同時に、自分がやっていたことが間違っていなかったことも分かりました」

――それはレスリングや柔道のトレーニングですか。

「レスリングや柔道をやるだけでは強くなれないと思いますが、その中にある技術を柔術に落とし込んでいく作業を続けていけば、レベルが確実に上がっていくと信じています。ガード、サブミッション、最先端の技術の習得にたくさんの時間を費やすのもひとつのやり方ですが、僕は違う方法で強くなっていきます」

――落ち込んでいる暇はないという感じですか。

「落ち込みはしましたが、前を向いてやるだけですからね。もしも昨年の自分が、今回のアジア選手権に出ていたらボコボコにやられていたと思います。世界的に強い選手と戦う場合は、以前だったら、良い勝負をしたいと思っていたはずなんです。でも、今は勝ちにいく自分がいます。

この意識の違いだけでも、大きく成長しているといってもいいでしょう。今年、圧倒的にやられたのは、ルーカス・レプリだけですからね」

――今回はテイクダウンも目立ちました。

「最近ですからね、テイクダウンを狙いにいき始めたのは。自分が伸びている部分は、明確に分かっています。優勝はできませんでしたが、これでポイントは溜まったのでムンジアルへ出場できます。来年はヨーロッパ選手権、ムンジアルに集中します」

――それは楽しみですね。同門の橋本知之選手が、芝本幸司選手を破った直後、抱き合って喜んでいる姿が印象的でした。どのような気持ちだったのですか。

「同じカルぺディエムで一緒に練習をしているんで、体が震えるほど嬉しかったですね。正直、選手の立場からすると羨ましい部分もあるかなと思っていたんですけど、素直に喜びの感情がでましたね(笑)。みんな強くなりたい、勝ちたいという気持ちは一緒なんで、チームメイトが勝つのはやはり自分のことのように嬉しいですよ」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie