この星の格闘技を追いかける

【Pancarse279】前に出ても強かった安永を押し切り、神酒が新KOPフライ級王者に

<フライ級王者決定戦/5分5R>
神酒龍一(日本)
Def.3-0:48-47.48-47.48-47
安永有希(日本)

いきなりパンチを伸ばし距離を詰めた神酒だが、そこからは安永の動きに惑わされないよう様子を見ていく。サイドキックやローを繰り出す安永は、前に出てワンツー。そしてスッと離れる。ややパンチに力が入っているように見えた神酒だったが、しっかりとタイミングを見計らい右をヒットする。安永は右ローを入れて、サークリング。神酒はローを入れる。左ローを続けた神酒に対し、安永はスイッチを繰り返し右ロー、続いて右フックに左ローを合わせる。ジャッジは2名が安永、1人が神酒のラウンドとした。

2R、頭も動かしフェイントを見せる安永は、神酒の前進にサークリング出回る。左2発で踏み込んだ安永、神酒は右フックからローを返す。ポーンと左ローを蹴る安永に対し、神酒は左フックから左ロー、距離を詰めていく。右ボディストレートを決めた神酒、やや安永の表情が変わったか。飛び込んで右を当てた神酒に対し、安永はローから頭を振り、表情も変えてフェイント。

前に出てくることが増えた安永に神酒は左ミドルハイ。安永は組んでケージに移動するが、自ら離れる。と、ここで神酒が右ストレートをヒットさせ、安永の飛び蹴りは不発に。この回はジャッジ2人が神酒、1人が安永を支持した。

3R、左を蹴り合った両者。安永が右ロー、続いて左ローを見せる。左を伸ばした安永に対し、神酒は左ローから左ミドル、前進にも右を合わせようとする。安永が左フックを当てる。続くダンスステップにも、神酒は右フックを入れると、右ストレートを伸ばすが空振りに。右クロスからローを蹴りこんだ神酒に対し、安永はダブルレッグで尻もちをつかせる。と、逆に神酒がダブルを決め、背中をつかせる。安永はハーフに、すると神酒は頭をまたいで立ち上がりスタンドに戻った。左ジャブも決めた神酒が、この試合初、ジャッジ3者からポイントを得た。

4R、ダブルで神酒を掲示に詰めた安永がテイクダウンに成功する。立ち上がった神酒は右を打ち込む。続いて左ハイからダブルレッグでクリーンテイクダウンを奪った神酒が足をさばいてパスからバックを狙う。これに反応しスクランブルから安永は立ち上がり、両者が距離を取り直す。

左ミドル、右ストレートを入れた神酒に対し、安永はシングルレッグでドライブしつつショートのフックを繰り出す。安永のニータップを潰した右は、逆にシングルから足を払ってテイクダウン。すぐにスタンドへ戻るも、ポイントアウトでも優位に。神酒は右フックを入れてシングルに出たところでタイムとなったが、ここも神酒が10-9を揃えた。


最終回、安永のダブルレッグを切り返しトップを神酒が取る。寝技にこだわらずスタンドに戻ると、安永のパンチは大きくなる。ここで神酒のシングルにキムラクラッチから後方への投げを安永が見せる。前に出るようになった安永をシングルで押し倒した神酒。しかし、ここから安永はダンス返上、前に出てパンチを入れ、神酒のテイクダウンを切ると、逆にテイクダウンを決める。

神酒の片足を取って殴る安永。神酒は懸命に離れてシングルへ。ここも安永は切ると、逆にシングルでドライブ。ケージに神酒を押し込んだ安永が、ヒザを突き上げる。この後、離れた2人はタイムアップを迎え、同時に両手を高々と広げた。

3Rと4Rが神酒、発表のない最終回は安永のラウンド。悪くてスプリット勝利と思われた神酒は、ジャッジ3者から48-47をもぎ取り、KOPフライ級王座に輝いた。

修斗に続きパンクラスのベルトを巻いた神酒は「過去一番やりにくい相手で、試合前から参っていたのですが、試合が始まったら想像よりやりにくい相手でした。パンクラスを見てくださるお客さんが増えたので、そういう人たちが忘れられなくなる試合がしたいです」と新王者は語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie