この星の格闘技を追いかける

【Shooto】飛鳥が、ヒザを効かせて動きが止まった澤田をパウンドアウト。世界フライ級王者に

<修斗世界フライ級(52.2キロ)王座決定戦/5分5R>
飛鳥拳(日本)
Def.2R4分41秒by TKO
澤田龍人(日本)

サウスポーの構えから組みにいった澤田、スプロールした飛鳥。澤田の左ミドルからダブルを切った飛鳥は、続くテイクダウン狙いにケージに押し込まれ一度尻餅をつかされる。立ち上がった澤田に対し、澤田は引き込んで腕十字へ。これは極まらないが、スペースができたことで立ち上がり、組んで尻餅をつかせる。立ち上がり際に飛鳥のバックに回った澤田が両足をフック。背中をつけながらRNCへ。手首をはがし、胸を合わせて立ち上がった飛鳥は、澤田のテイクダウンを切って右ローを蹴りこむ。

澤田はパンチや蹴りからダブルと続けるも、飛鳥は切り続けプレッシャーをかける。ケージを背負った澤田だが左を振るって前へ。飛鳥は右ストレートを入れるも、澤田が直後にシングルでテイクダウンに成功した。

2R、飛鳥は右ロー、澤田は体を伸ばすような左の突きからそのまま組んで、ケージに飛鳥を押し込む。シングルでテイクダウンを奪と、立ち上がり際にボディロックからバックに回った澤田が、大きく飛鳥をリフトして前方に落としてバックへ。即胸を合わせた飛鳥だが、澤田はロールからスクランブルに持ち込み、シングルで飛鳥をケージに押し込む。

足を抜いた飛鳥は、執拗な澤田のシングルに尻餅をつかされる。頭を外に出してシングルに拘るなど、やや疲れが見える澤田に飛鳥はヒザ蹴りを入れる。動きが止まった澤田の顔面を飛鳥の右ハイが掠める。右を被弾した澤田は、テイクダウンから動きが止まり逆にバックを許すと、飛鳥は左のパウンドを連打する。動けない澤田はパンチを打たれ続け、レフェリーが試合をストップ。

飛鳥が先輩、内藤のび太が返上した修斗世界フライ級のベルトをその腰に巻いた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie