この星の格闘技を追いかける

【UFC165】代役デビューのヘイス、ランカー撃破でTOP10入りへ

<バンタム級/5分3R>
ウィルソン・ヘイス(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
アイヴァン・メンジヴァー(カナダ/10位)

サウスポーのヘイスに、メンジヴァーは右ミドルを連続で放っていく。左を振るい前に出るヘイスだが、これは空振りに。さらに右ミドルを蹴り込むメンジヴァーは、右フックでヘイスのバランスを崩すと、今度は力のこもった右ローを放っていく。パンチの振りが大きなヘイスに、右側からミドルとローを見せ、スイッチしたメンジヴァーはすぐにオーソに戻す。

引き続きミドルで試合を組み立てるメンジヴァーが首相撲からヒザをボディに突き上げる。フックを振り回し、距離を取ったヘイスはメンジヴァーのミドルに自分の戦いができない。ミドルから再び首相撲&ヒザと試合を支配するメンジヴァーに対し、ヘイスは思い切り距離を詰めてパンチを振るうがヒットしない。打撃戦が続く1R、残り1分を切りヘイスの左のダブルは、ここでも届かない。と、ダブルレッグに出たヘイスが一気にテイクダウンを奪う。左のエルボーをクローズドガードのメンジヴァーに落すヘイス。果たしてジャッジはどのようにこのラウンドを判断するだろうか。

2R、初回と同じように右ミドルを見せるメンジヴァーだが、距離は幾分近くなっているか。メンジヴァーは右フックを打ち込むと、直後にヘイスがダブルレッグからテイクダウンに成功する。左のパウンドを落としたヘイスは、立ち上がってローを蹴り込む。立ち上がったメンジヴァーをケージに押し込むヘイス。距離が離れると、メンジヴァーはサウスポーから左ミドルを放つもこれは当たらず、オーソから右ストレートにダブルレッグダイブを合わされてしまう。

ヘイスはパスを狙うが、メンジヴァーはクローズドが固める。ならばとパンチを落すヘイスに対し、蹴り上げからスタンドに戻ったメンジヴァー。そこで時間となり、このラウンドはヘイスのモノとなったか。

最終回、サウスポーのメンジヴァー、オーソに戻しローを蹴り込む。右ジャブを伸ばすヘイスだが、やや疲れが感じられる。左ローを入れるヘイス、さらに左ミドルから組みついていく。ケージを背にしたメンジヴァーは、ギロチンの態勢でシングルを切るが、両脇を差され大内から、小外刈りでテイクダウンを許してしまう。

ヘイスはマウントへ移行し、肩固めを狙う。フレームを作り耐えたメンジヴァーだが、残り2分劣勢が続く。マウントから逃れることができないメンジヴァーに対し、細かいパンチを落すヘイス。三角狙いをブリッジで潰したメンジヴァーは、足を戻しフルガードへ。残り30秒、トップをキープしたヘイスは、代役出場でランカーのメンジヴァーを判定で下し、バンタム級トップ10入りを確実なものとした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY