この星の格闘技を追いかける

【EBI06】シモエスはオーバータイムでRNC&トップダッシュで護身の権化を下す

<1回戦/10分1R>
ユーリ・シモエス(ブラジル)
Def.OT
エヴァンドロ・ヌネス(ブラジル)

肩を押し、大内でテイクダウンを奪ったシモエスがトップから攻める。グレイシー・アカデミー所属のヌネスは両足を束ねられ、マウントを許す。フレームを作り、ワキを固めるヌネスだがシモエスは肩固めを狙う。足を一本戻し、ハーフバタフライの形を取ったヌネスはマット中央で再開となるとシモエスにパスのプレッシャーを受ける、

立ち上がったヌネスに対し、シモエスが引き込んでヒールへ。足を抜いたヌネスは担ぎパスを狙う。シモエスは左ヒザ裏をクラッチし、足を入れて上体を起こすとヌネスが引き込む。上四方で抑え込んだシモエスがアームロック、これを防いだヌネスがシッティング。シモエスは側転パスガード狙い、ヌネスはヒザ十字を仕掛ける。腰を引いて防いだシモエスが一気にパス。ワキを取って腕十字、右腕が伸びかけたヌネスがロールして腕を引き抜く。イライラを募らせたシモエスは蹴り上げを見せて注意を受ける。

再びパスからダースにトライしつつ、ニーインベリーのシモエス。ハーフに戻したヌネスが既にオーバータイムを想定しているか。残り20秒となり、シモエスも正座状態。立ち上がったが、最後の仕掛けなくタイムアップとなった。

オーバータイムはシモエスのバックマウント&襷からスタート。左腕を巻き込んだままRNCに入ったシモエスだが、これは極められない。シモエスの右手がヌネスの右手の上にある状態でRNCクラッチが続くが、リストを払いに来たところでRNCを完成させタップを奪った。115秒以内にタップを奪わないといけないヌネスだが、シモエスがすぐに胸を合わせて延長戦を勝ち抜いた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie