この星の格闘技を追いかける

【RFC29】カン・ヨンスがク・ボンヒョクをTDで下す

<フライ級/5分2R>
カン・ヨンス(韓国)
Def.3-0
ク・ボンヒョク(韓国)

上背のあるクに右ローを入れたカンだが、直後に右ストレートを被弾してケージまで下がる。組みに行ったカン、一旦はヒザをついたクが立ち上がる。離れたカンにクはオーソから左ジャブ。カンは再びローから、組んでクリーンテイクダウンに成功する。カンは鉄槌を落とし、潜ろうとしたクの顔面に左のパウンドを連打。さらに足を一本抜いていったが、クが立ち上がる。この際にテイクダウンを狙ったカン、クはギロチンをしかけながら背中をマットにつけた。

頭を抜いたカンは自ら起き上がってパンチ、クの立ち上がり際に蹴りを狙う。しかし、ハイキックを空振りして姿勢を乱すやクが一気にバックに回り込み両足をフック、RNCを仕掛ける。手首を掴んで防ぐカンに対し、クはパンチから再び絞めを狙ったが仕留め切れなかった。

2R開始直後にカンのローが急所に入り試合が中断する。再開後、カンは重い右ローを入れ、クのテイクダウン狙いを切る。続く組み合いでテイクダウを取ったカンが右のパンチから鉄槌を入れる。ケージに押し込まれた状態でクは顔面にパンチを被弾し続け、厳しい表情を浮かべる。立ち上がり際に、パンチを顔面に入れ続けたカンはヒザをついているクに反則のヒザ蹴りを入れてしまう。

スタンドで試合は再開し、カンがダブルレッグを決める。立ち上がったクが右アッパー、続くアッパーに右クロスを受けて前方に崩れそうになる。すぐにクがカンに向き合いパンチを返すが、組まれてケージに押し込まれテイクダウンを許した。クはケージを蹴ってトップを取りかすも、カンがスイープでトップを取り返す。残り10秒でダブルレッグでテイクダウンを奪ったカンが、3-0で勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie