この星の格闘技を追いかける

【RFA09】ケビン対決は、手堅いケビン・ケイシーが判定勝ち

2013.08.17

<ミドル級/5分3R>
ケビン・ケイシー(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ケイシー・ライアン(米国)

TUF17後、UFC継続参戦ならなかったケビン・ケイシーがRFAで復帰を賭す一戦。対戦相手のケイシー・ライアンはデビュー以来、5連勝中のファイターだ。長身のライアン、サウスポーの構えのケビンに左ジャブを伸ばす。ダブルレッグでテイクダウンを奪ったケビンに対し、ライアンは長い手足を生かしてクローズドガードからエルボーを入れていく。ケビンは足を一本抜き、ライアンが立ち上がるところでバックからシングルに移行し、トップをキープする。

ハーフからしっかりと抑えるケビン、ライアンもフルガードに戻す。立ち上がって足を捌くケビンが、ライアンのバックを制すも手首を取られて思うように攻めることができない。両足をフックしたケビンは、ライアンの動きに合せてマウントへ。ライアンは足を戻し、足関節狙いからクローズドに戻していく。ラバーガード狙いのライアン、クローズドガードを取ったまま1Rを戦い終える。

2R、ケビンが組みつくがライアンが距離を取りなおし、左を伸ばす。ライアンは組まれてもヒザを入れ、打撃の間合いに戻る。ケビンの左フックがライアンの顔面を掠める。さらに左ストレートを伸ばすケビンは、ヒザへの危険な蹴りをヒットさせる。さらに左フックを伸ばすなど、打撃戦でも試合を支配するケビンは、残り2分でテイクダウンを決める。ライアンの三角狙いを潰し、ケビンがエルボーを落す。果敢にガードから仕掛けるライアンの試みを一つひとつ丁寧に潰していくケビンは左のパウンドを落す。

最終回、ケビンは盟友クロン・グレイシーの叱咤激励を受け最後の5分へ向かったケビン。最初のダブルレッグは切られるが、続くトライでテイクダウンを奪取。ここから動きが止ると、レフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドへ。それでも手堅くテイクダウンからトップキープに徹したケビン、ライアンの腕十字を凌いでフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie