この星の格闘技を追いかける

【UFN82】肉弾戦とならなかった巨漢対決、軍配はネルソンに挙がる

<ヘビー級/5分3R>
ロイ・ネルソン(米国/11位)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ジャレッド・ロショルト(米国/12位)

プレッシャーを序盤からかけるネルソン。ケージの前を移動するロショルトはネルソンは左フックに走るように距離を取り直す。ネルソンの右オーバーハンドも空振りに。これを続けるとスタミナが不安視されるネルソンは厳しい。とロショルトがワンツーで前に出る。ネルソンは右アッパーも届かない。飛び込んできたネルソンにロショルトが左フックを当てる。慌てたように離れるネルソンは真っ直ぐの動きでロショルトを捉えることができない。

残り90秒、左の相打ちも打ち勝ったのはロショルトで、ネルソンは続いて左ダブルを被弾する。右オーバーハンドをまたも空振りしたネルソンに対し、ロショルトが左ローを蹴り込み、左フックを放つ。ロショルトのテイクダウンのフェイントに大きく反応するネルソン、ポイントは微妙だが思うようにたたかったのはロショルトだろう。

2R開始直後、シングルレッグを見せたロショルトは、続く前進で左フックを振るう。これは食わなかったネルソンの左に、ロショルトが右を合わせようとする。オクタゴン中央ではロショルトの右ローがネルソンに。ネルソンも右ローを返していく。ネルソンはまだ素早い動きで前に出ることができるが、パンチの打ち終わりにバランスを崩す場面も。

ロショルトは左ミドルから右ロー、ネルソンは左フックを当てる。続く右フックも、逆に右フックを受けたネルソンは左ジャブも被弾する。残り1分、ワンツーからネルソンが前に出るとロショルトが間合いを外し当たらない。ただし、前に出るのはネルソン。ロショルトはステップが多く、ポイントを取り切れているか分からないラウンドだった。

最終回、ネルソンの右ローでロショルトがよろける。続く左フックをよけるが、ロショルトは手数が少ない。ネルソンのシングルを切ったロショルトがケージ前を移動するシーンが多い。また右オーバーハンドやフックに顔を背けるように距離を取るのもマイナス点だろう。そのロショルトはテイクダウンを狙わず、右ハイキックを見せる。シングルのフェイクに反応するネルソンだが、ロショルトの続くパンチは当たらない。と、残り80秒でロショルトがシングルレッグへ。これをスプロールしたネルソンは足を引き抜いて向き合う。

ロショルトはここに来て左ジャブをダブルで放つ。ネルソンが放った右フックも当たりはとても浅い。残り10秒、ロショルトのシングルのフェイントからのパンチも当たらず、最後まで空振り合戦のような印象を残した一戦はネルソンの判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie