この星の格闘技を追いかける

【FOX08】足を使ったサラスが、スプリット判定をモノに

<ライト級/5分3R>
ジャスティン・サラス(米国)
Def.2-1:29-28, 28-29, 29-28
アーロン・ライリー(米国)

サウスポー同士の対戦、ライリーをオクタゴン中央にサラスがケージの前でサークリングを続けるという位置関係のなか、前に出て右ジャブやローを見せるライリーにサラスが左ストレートや右ハイを繰り出す。左ミドルを入れてから前に出るライリー、右ハイでサークリングを止めようとしたが、サラスがテイクダウンへ。尻餅をついてすぐに立ち上がったライリー、右ミドルでも左へのステップを止められず、逆に左ミドルからヒザを受ける。

ライリーは左ストレートを打ちこみ、前に出て左ハイを狙うと、サラスは逆に右回りに転じる。再び左に回り始めたサラスはダブルレッグで再びライリーに尻餅をつかせる。サークリングを続けるサラスは、時折り前に出て右ハイ、右ジャブを繰り出すも、残り30秒でのテイクダウン狙いは失敗。ライリーは右ハイを軽くヒットさせ、最後の10秒も前に出る姿勢を見せ続けた。

2R、前に出てくるライリーにヒザ蹴り、距離ができるとダブルレッグでテイクダウンを奪ったサラス。グラウンドに固執することなく、ライリーをスタンドに逃すと、ここでも左回りへ。シングルからケージにライリーを押し込んだサラスは、ヒザを入れて自ら距離を取り直す。追いかけてくるライリーにヒザを入れ、組んでケージに押しこむなど、攻めるシーンを増やしてきたサラスは、ライリーの左ミドルをキャッチして、またもテイクダウンへ。

ここもすぐにライリーがスタンドに戻るが、気が付けば鼻血を大量に流している。下がってカウンターのサラス、ライリーは蹴り足を掴んで足払いを仕掛けるも、サラスがバランスをキープする。鼻を気にする素振りを見せたライリーに右エルボーを狙ったサラス、要所で攻めて、深追いしない展開が続く。残り1分、サラスは下がって打つリズムが崩さないままスイッチを織り交ぜ、ポイントアウトに徹した。

最終回、サラスのサークリングは止らない。追い切れないライリーは、シングルを前転で逃れるも、立ち上がり際に蹴りを受けそうになる。右ジャブを増やすライリーだが、足が揃っていて手打ち状態で、サラスの動きを止めることはできない。サラスの左ストレートに、左ミドルを入れるライリー。ローに続けるも、サラスはサークリングを続ける。目に指が入ったとライリーがアピールし試合は一時中断。再開後、左ローを受けたサラスが一瞬バランスを崩すが、すぐに距離を獲り直す。

右ローを入れて左に下がるサラス、フィットネス・チャレンジ戦法は残り50秒で左ハイを顔面に受け、そのサイドステップがより小刻みになる。ライリーのハイが空振りとなり、バックを取ったサラスの後方の投げもすっぽ抜け、直後の打撃戦のなかでタイムアップに。ジャッジは2-1で割れたが、サラスがスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie