この星の格闘技を追いかける

【Pancrase273】ヒジとヒザは決まらないテイクダウンより評価は下か。マモルが安永に敗れる

<フライ級/5分3R>
安永有希(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
マモル(日本)

マモルのパンクラス2戦目は、フライ級1位の安永との対戦となった。距離と取って歩きも混ぜてサークリングする安永に対し、マモルは左ローから切り崩しに掛かる。回る安永に対し、内径を横移動で追いかけるマモルは左フック。さらに左ミドルを蹴り込むと、安永が組みついてケージへ追い込むもテイクダウンは奪えない。サウスポーの構えから左ローを放つ安永、左右に回りながら前に出るフェイクを見せる。

マモルは左ミドルのフェイント。前に出て左ミドルを狙ったマモルの蹴り足をキャッチした安永が右を入れる。バランスを崩したマモルだが、腕十字を仕掛けてすぐに立ち上がる。残り1分、安永の右を避けたマモルは、安永のシングル狙いからの左フックを2発被弾する。残り10秒で右を入れたマモル。ジャッジは1人がマモル、2人が安永のラウンドとした。

2R、スピニングバックフィスト、右のオーバーハンドを見せた安永にマモルは左ハイ。安永のダンスに惑わされることはないが、距離を作ることができない。安永はシングルからダブル、ここも固執せず離れてパンチを入れて離れるという動きを繰り返す。マモルは左フック、パンチを受けても左ミドルを入れる。左フックを多用するマモルは左ミドルをキャッチされるも、ケージを背にしてヒザをボディに放っていく。オーバーフックからヒザ、右エルボーを入れたマモルは左フックをヒット。さらに左ミドルを蹴り込むと、安永が回るのではなく下がって間合いを取り直す。

組んだ安永をマモルがケージに押し込んでヒザ蹴り、続いて右エルボーでダウンを奪う。すぐに立ち上がった安永だが、マモルはヒザを続け再び右から左のエルボーを2発、続いて右エルボーも入れる。安永はヒザも被弾し、テイクダウン狙いもスプロールされると、最後もボディロックから後方に大きな投げを決められラウンドを落とした。

最終回、安永は右ストレートから組んでアッパーを放つ。マモルもヒジを返し、安永が離れる。左右への動きが明らかに少なくなった安永に対し、マモルは左ミドル。安永はダブルレッグを仕掛け、尻餅をつかせるがマモルも背中はつけずに立ち上がる。右エルボーを2発入れたマモル、さらにエルボーを続け安永が離れる。安永のシングルにもエルボーとヒザを見舞っていくマモルは接近戦を確実にモノにしていく。

安永の遠い距離からのテイクダウン狙いに、足を滑らせるシーンもあったマモルだが、組まれてもエルボーを入れて崩されることはない。残り45秒、右を入れた安永のテイクダウン狙いにエルボーを落とすマモルは、ケージに詰められてもエルボーを入れる。さらにヒザを入れたマモルは、試合終了と同時に両手を挙げて勝利をアピール。安永も手を広げたが、やるべきことをやったのはマモルか。

とジャッジの裁定はスプリットで安永に。唖然とするマモルと、歓喜の声を挙げる安永。エルボーとヒザの効果を認めないのであれば、使用も認めなければ良い。安永はベストを尽くしたが、そんな裁定結果に思える。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie