この星の格闘技を追いかける

【ONE36】トケーロのバックからのパンチでウーが試合続行不可能に

<フライ級/5分3R>
ユージーン・トケーロ(フィリピン)
Def.2R終了時by TKO
ウー・ズー(中国)

ウーの突進にヒザをボディに突き上げるが、ケージに押し込まれる。いなして横に回ったトケーロだが、そのままテイクダウンを奪われる。サイドを取ったウーは寝技に拘らず、トケーロが暴れるとスタンドに戻りミドルに右を合わせようとする。続くフックにテイクダウンを合わせたウーだが、トケーロはケージを背にして立ち上がりボディロックから後方にテイクダウン。すぐに立ち上がったウーはバックを取られた状態で、後方にエルボーを見せる。

対してトケーロはヒザを顔面に入れていく。そのままテイクダウンを奪ったトケーロは足をハックせずにバックコントロールを続け試合はスタンドに戻る。引き続き後方からヒザを突き上げるトケーロに対し、ウーが胸を合わせる。離れた両者、トケーロが左ミドルから左エルボーを見せ、ウーが組みついたところで初回が終了した。

2R、距離を取るウー。トケーロは左ハイも当たりは浅い。引き続き左ハイを見せたトケーロは、ウーの前進に左を合わせようとし、自らはテイクダウンを仕掛けるシーンも。怯まず前に出て組み付いたウーがテイクダウンに成功し、左のエルボーを落とす。トップのウーは姿勢が悪く有効なパンチを落とせない。と、トケーロがスイープ+マウントへ。スクランブルから立ち上がると、逆にダブルでテイクダウンに成功する。頭を抱えられながらサイドを取ったトケーロが左エルボーを連打。続いて頭を跨いでいくが、ウーの動きに合わせバックコントロールに戻り後方から左のパンチを入れる。頭を抱えるようになったウーに左右のパンチを続けたトケーロ、動かないウーはパンチを被弾し続ける。トケーロのパンチも勢いが落ち、スピードが無くなってしまいラウンド終了となったがインターバル中にウーが試合続行不可能を告げ、TKO勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

Movie