この星の格闘技を追いかける

【WSOF24】公開計量終了。岡見勇信「もう覚悟は決まっています」

Fitch vs Okami【写真】ここまで上背があり、骨格が良いウェルター級ファイターは日本ではやはり岡見勇信だけだろう 。全くフィッチにひけを取ってない。明日は朗報が届くことを期待したい(C)TAKESHI FURUYA

16日(金・現地時間)、明日17日(土・同)にコネチカット州レッドヤードのフォックスウッズ・リゾート&カジノで行われるWSOF24「Fitch vs Okami」の公開計量が行われた。

同大会のメインで、ジョン・フィッチを相手に初のウェルター級に出場する岡見勇信は、そのフィッチとともにリミット丁度の170ポンドで計量を終えている。しっかりと、筋肉を残し肌艶もよく順調な減量が窺えた岡見は、ステアダウンでも笑みを浮かべているような落ち着きある表情をしていた。

その岡見が計量終了直後に明日の試合に関して、コメントをくれたのでここで紹介したい。

岡見勇信
「ウェルター級で初めての試合が、ジョン・フィッチという素晴らしい選手が相手なので、ここで自分の全てを出せれば良い試合が出来ると信じています。

もう覚悟は決まっています。

今までで一番、気持ちもコンディションも全てが整っているので、迷わず自分を信じて勝負しにいきます」

なお今大会の計量結果は以下の通りだ。

■ WSOF24 計量結果

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・フィッチ:170ポンド(77.11キロ)
岡見勇信:170ポンド(77.11キロ)

<WSOF世界ヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者] ブラゴイ・イワノフ:252ポンド(114.31キロ)
[挑戦者] デリック・メイメン:237ポンド(107.50キロ)

<ライト級/5分3R>
ニック・ニューウェル:156ポンド(70.76キロ)
トム・マルセリーニョ:155ポンド(70.31キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ヴィニー・マガリャエス:204ポンド(92.53キロ)
マット・ハミル:205ポンド(92.99キロ)

<WSOF世界フライ級王座決定戦/5分5R>
マゴメド・ビブラトフ:124ポンド(56.25キロ)
ドナヴォン・フリロウ:124ポンド(56.25キロ)

<フェザー級/5分3R>
リック・グレン:145ポンド(65.77キロ)
アダム・ワード:145ポンド(65.77キロ)

<フェザー級/5分3R>
アレッシャンドリ・カピタォン:145ポンド(65.77キロ)
サウル・アルメイダ:148ポンド(67.13キロ)

<フェザー級/5分3R>
ホドリゴ・アルメイダ:148ポンド(67.13キロ)
ブルース・ボーイントン:145ポンド(65.77キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ワシントン・ダシウバ:173ポンド(78.47キロ)
コルトン・スミス:170ポンド(77.11キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジャスティン・トレイ:185ポンド(83.92キロ)
レックス・ハリス:184ポンド(83.46キロ)

<ヘビー級/5分3R>
パット・ウォルシュ:228ポンド(103.42キロ)
タイラー・キング:240ポンド(108.86キロ)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie