この星の格闘技を追いかける

【RFC26】キム・スーチョルのイチオシ=ジャン・デヨン、チェ・ムソンに下る

<バンタム級/5分2R>
チェ・ムソン(韓国)
Def.2-0
ジャン・デヨン(韓国)

1R、お互いにパンチを振り合うなか、チェ・ムソンがダブルレッグを狙うも、ジャン・デヨンはカット。打撃戦に戻す。相手の前蹴りをディフェンスしてジャン・デヨンが左ジャブを当てる。ジャン・デヨンはチェ・ムソンの横に回りながら左ジャブ。チェ・ムソンが大きく右を振ってくると、それをかわして左フックをヒットさせる。前に出るチェ・ムソンの動きに合わせて、ジャン・デヨンは右ストレートのカウンターから左ジャブ。しかし攻撃をもらいながらも組みついたチェ・ムソンが、ボディロックから、踏ん張るジャン・デヨンに対し小内刈りでテイクダウンを奪う。そのままチェ・ムソンがトップをキープしてラウンドが終了した。

2R、左ジャブを繰り出しながらジワジワ距離を詰めるジャン・デヨン。チェ・ムソンはアッパーとフックを織り交ぜたコンビネーションで前に出るが、ジャン・デヨンが左フックのカウンターで迎え撃つ。チェ・ムソンのパンチを、バックステップとスウェーでかわし続けるジャン・デヨン。チェ・ムソンはダブルレッグでケージに押し込むが、ジャン・デヨンはギロチンを仕掛け、グラウンドへ。すぐ首を抜いたチェ・ムソンはパウンドを放つが、グラウンドでもジャン・デヨンのディフェンスが冴え、決定打はない。

ここでブレイクとなり、再開後はジャン・デヨンが左ジャブに加え、左ミドルも繰り出す。チェ・ムソンもジャン・デヨンの左ジャブに右クロスを合わせようとするも当たらず。ジャン・デヨンは中に入ってくるチェ・ムソンに対し、首相撲からのヒザ蹴り。これはヒットしなかったが、さらにチェ・ムソンは中に入りづらくなった状態で試合終了のブザーが鳴った。

ジャン・デヨンがペースを握っていたようにも見えたが、左ジャブとディフェンス力ではジャッジの支持を得られなかったか。1Rはテイクダウン、2Rはギロチンで引き込まれたが2回トップポジションの状態にあったチェ・ムソンが2-0で勝利、キム・スーチョルらが将来性を大いに勝っているジャン・デヨンを下した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie