この星の格闘技を追いかける

【Pancrase270】上下を激しく入れ替えながら関節に拘った清水が判定勝ち

<フライ級/5分3R>
清水俊一(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
荻窪祐輔(日本)

間合いを測る両者、荻窪が左ローを見せる。清水をデカゴン中央に右に大きく回った荻窪だが独特の構えからサイドキック。清水は正面に立つようにしてカウンター狙いか。荻窪の左が当たり、清水はシングルレッグから大腰で荻窪を投げる。直後にスタンドからスライディングし、何を狙ったかトップを許してしまった清水はクローズドガードに。足をすくって腕十字からオモプラッタを荻窪に体を跨がれた状態で清水が仕掛ける。結果的に跨いでいる足を外してサイドを取った荻窪に対し、清水は三角絞め。防いだ荻窪はトップから右のパウンド、送ってトップ取り返した清水が左のパウンドを連打。オープンスコアは3人とも荻窪とのラウンドとした。

2R、清水はシングルから腰をコントロールするが、スタンドに戻り離れる。荻窪は右ストレートからシングル、清水はキムラロックから腕十字の態勢に。鉄槌を落とし、クラッチを外しにかかる清水の顔を荻窪がシザース。さらに立ち上がってスラムし、腕を引き抜く。トップを取った荻窪が右のパウンドを落とす。清水はここでも足をすくってオモプラッタからスイープ、キムラロック→シザースへ。結局、荻窪がサイドを取ることとなるか、試合を動かしているのは清水。荻窪はパウンドを落とし2Rを締めたが、この回は清水が3人のジャッジの支持を得た。

最終回、左ジャブを伸ばしシングルレッグから尻餅を着かせ、立ち上がったところに蹴りを入れた清水。後方に倒れた荻窪が起き上がりながらテイクダウンを狙うと、清水はここでもキムラロックからバックを奪取し、両足をフックする。右手の外側に荻窪の頭があるため、バックを背中につききれない状態から、腕十字へ移行する清水。そのまま回転を利用され、またもトップを荻窪が奪取する。サイドで抑える荻窪がエルボーを落とす。ヒジを2度、3度と受けた清水が足を戻し、しがみ付くもマウントを許す。上体を起こし、反転するようにトップを取った清水。荻窪はクローズドに取られガードからパンチ、さらに蹴り上げを見せる。清水はケージを蹴ってパスを狙い、最後は両者が上と下から激しく拳を交換する。結果、ジャッジ3者とも29‐28をつけ清水がノンストップアクションを制した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie