この星の格闘技を追いかける

【VTJ in Okinawa】BJ、好勝負を勝ちきるも「しょっぱい試合」と猛省

<フライ級/5分3R>
BJ(日本)
Def.2-1:29-27.29-28.28-29
曹竜也(日本)

1年半振りの現役復帰となるBJが新天地で、曹との一戦に挑む。試合開始直後にケージに曹を押し込んだBJ。曹が小さいエルボーを見せる。体を入れ替えた曹、ここで両者が離れる。BJの左を届かず、またも組んでケージへ。曹は体を入れ替える。BJは首相撲の態勢に捉え、左ヒザを突き上げる。ボディを繰り返す曹、ややBJは受け過ぎか。体を入れ替えたBJは手首を掴んで押し込むも、背中が立っており思うように攻めることができない。

離れた両者、曹の左ローにBJは左オーバーハンドを入れてダウンを奪う。即立ち上がってシングルレッグに出た曹は勢いのあるエルボーも空振りに。パンチで前に出たBJだったが、ケージに押し込まれる展開も。右エルボーを入れた曹が離れ、BJはカット。最後は曹の前蹴りにパンチで前に出たBJが組みにいったところで初回が負った。

2R開始早々にパンチを打ち込んだBJ、曹が前蹴りで突き放す。BJは曹をケージに押し込み、ヒザをボディに入れていく。曹がマットに腰をつけ座り込むような形に。首を取ったBJは立ち上がり際にヒザを顔面に入れていく。気にせず立ち上がった曹がケージにBJを押し込むと、背伸びするようにギロチンへ。曹の頭が下がってきたところでとヒザを見せるBJはボディにもニーを連続で放っていく。曹もヒザを腿に返すと、ギロチンを警戒して亀へ。バックに回ろうとしたBJは、襷から両足をフック。RNCに切り替えたところで、ラウンドが終了となった。

3R、突っ込むBJをパンチと前蹴りで曹が突き放そうとする。BJはシングルレッグからバック。曹のキムラロックもバックをキープする。後方にエルボーを入れ、前方に走る曹に対し、BJも背中を取ったまま走って追いかける。後方へのエルボーを続ける曹に対し、BJは向きを変えてダブルレッグへ。ガードを取った曹は腕十字、腕を抜いたBJがパス狙いからバックに。襷&四の字フックでバックマウントのBJは、さらに肩固めへ。これを防いだ曹とのスクランブル戦は、曹がアナコンダチョークから起き上がってバックに回り込む。

逆にバックマウントからRNCを仕掛ける曹が後方からパンチへ。残り15秒、パンチから最後のRNCこそ手首を取られた曹だったが、パンチを落としてタイムアップを迎えた。気持ちが籠もったスイング合戦は、BJがスプリットで制した。

格闘技に三段論法は当てはまらないとしても、8月に神部建斗に完敗を喫した曹との好勝負は今後に課題を残す。ただし、BJ本人がこの好勝負にも「しょっぱい試合」と振り返っているだけに次に期待したい。BJはこんなものではない、と。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie