この星の格闘技を追いかける

【All Japan Amateur Shooto】決め手はTD+コントロール。女子バンタム級は高森、フライ級は下牧瀬が優勝

Women Bantam & Fly weigt winner【写真】バンタム級優勝の高森とフライ級優勝の下牧瀬(C)MMAPLANET

22日(火・祝)、小田原市小田原アリーナで開催された第22回全日本アマ修斗選手権大会。2つのケージを持ち込み、初めて金網で開催された伝統のアマ修斗決勝戦から、女子バンタム級と女子フライ級の模様を紹介したい。

Takamori vs Ishizuka<アマ修斗全日本女子バンタム(※52.2キロ)級/3分2R>
高森惟舞(BURST)
Def.2-0 :20-18,20-19,19-19
石塚胡桃(AACC)

石塚の右ハイに対し、すぐにテイクダウンを狙った高森が首投げできれいに投げてトップを奪取する。サイドを取られた石塚だが、ケージを蹴ってスクランブルに持ち込むと、高森はここでもケージに石塚を押し込んで払い腰のような形できれいに投げ切る。離れてはハイで高森を突き放そうとする石塚に対し、その蹴りを掻い潜る様にテイクダウンを高森は狙っていった。

2R、サウスポーの高森が右ジャブを振ってテイクダウンの機会を伺う。石塚が左右のフックを振るうと、そこに組み付いた高森はケージに押し込んで組み投げでテイクダウン。石塚も立ち上がったが、高森はもう一度テイクダウンを取り直し、サイドからマウントへ。ブリッジでトップを取った石塚に対し、高森はハイガード。ブレイクが掛かりスタンドへ戻ると、すぐにタイムアップとなり高森が判定勝ちした。

Shimomakise vs Hirose<アマ修斗全日本女子フライ級(※56.7キロ)決勝/3分2R>
下牧瀬菜月(Personal Styles)
Def. 2-0 :20-18,20-19,19-19
廣瀬里美(パラエストラ松戸)

下牧瀬がワンツー、打撃戦から組んでバックに回ると頭を抱えられた状態でグラウンドへ。廣瀬が袈裟を取っているような形になったが、両者が立ち上がる、胸を合わせた下牧瀬に対し、廣瀬がパンチを振るって距離を取る。下牧瀬はダブルレッグも倒し切れず、ケージを背に押し込まれるが、ワキを潜ってバックに。倒し切れないまま初回が終わった。

2R、下牧瀬がパンチから前に出て組みつく。しかし、ヘッドギアが外れかけてブレイクが掛かる。再開後、組んでバックに下牧瀬が回り、ついにテイクダウン。廣瀬もすぐに立ち上がったが、下牧瀬が後方に座り込むように寝技に持ち込んで両足をフック。そのままの態勢でタイムアップとなり、優勝を勝ち取った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie