この星の格闘技を追いかける

【ADCC2015】99キロ級優勝はプレギーサ下したホドウフォ・ヴィエイラ

Podium 99kg【写真】どうしてもスタンドの展開が多くなってしまうなか、ホドウフォがその頂点に立った(C)MARCELO ALONSO/PVT

8月29日(土・現地時間)から30日(日・同)にかけて、ブラジル・サンパウロにてアブダビコンバットクラブ(ADCC)主催の世界サブミッション選手権が行われた。2年に1度、世界最高峰の組業師たちを集めて行われるこの大会。今年もグラップラーの祭典と呼ぶに相応しい強豪たちが集まった。実質上ギ無しグラップリングの世界最強決定戦といえるこの大会、今回は99キロ以下級からフィリッピ・プレギーサ×ジョアオ・アシスの準決勝とホドウフォ・ヴィエイラ×プレギーサの決勝の模様をお伝えします。

<99キロ以下級準決勝/10分1R>
フィリッピ・ペナ
Def. by 9-0
ジョアオ・アシス

昨年の世界柔術でアンドレ・ガルバォンを下して初優勝して世界を驚かせた後、禁止薬物使用が発覚して表舞台に出て来なかったプレギーサことフィリッピ・ペナ。ブランクを感じさせない以前と変わらず鋭い動きで勝ち上がり、準決勝で前回優勝のジョアオ・アシスと激突した。

長い手足を利した圧倒的なスイープ力と極めの力を誇るペナは、引き込んで戦うが、アシスは低くプレッシャーをかけてその攻撃を潰してゆき、さすがのペナも後転してガードに戻すなどディフェンスを強いられる場面が目立つ。試合時間10分が過ぎ、スタンドから延長戦が開始すると、マイナスポイントを回避するために引き込めなくなったペナに対し、アシスはテイクダウン狙いからバックに付くなど優勢な場面が増えて来る。

そのうちペナは流れの中で繰り出されたアシスのタックルをがぶることに成功。そこから長い手足を躍動させてスピンしてアシスのバックに付き、さらに両足フックを完成。3-0とリードしてみせたペナは、そのままその体勢をキープし、フックを繰り返して入れて加点して勝利。長期欠場前と変わらぬ勝負への執念を見せて決勝進出を決めた。

<99キロ以下級決勝/20分1R>
ホドウフォ・ヴィエイラ
Def. by レフェリー判定
フィリッピ・ペナ

怪物ヴィエイラと、復活した驚異の新鋭ペナによる注目の決勝戦。ヴィエイラは開始早々ダブルレッグを決めてバックに付くが、ペナは前転してスクランブル、それでもしつこく追って来るヴィエイラにグラウンドでフックを入れられかけるが、結局動き続けてエスケープに成功した。スタンドに戻るとヴィエイラはまたしてもダブルレッグ。今度はペナをハーフで押さえつけることに成功すると、そのまま上半身を制してプレッシャーをかける問答無用の必殺パターンから、足を抜いてマウントを奪取。唖然とするしかない強さを、この決勝の舞台でも発揮するヴィエイラだが、ペナも体全体を使ったエビで隙間を作り、足を入れて脱出。やがて距離を作って立ち上がることに成功してみせた。まだ前半10分の試合時間が経過していないためにノーポイント。 

10分が経過して加点時間帯になると、ヴィエイラはまたタックルを仕掛けてゆくが、ペナはクラッチを許さないか、クラッチして倒されてもバタフライで跳ね上げる、抑え込まれる前に脱出。ヴィエイラが背後に付く場面もあるが、ペナはことごとく豪快に前転、さらに長い両腕を伸ばしてスクランブルしてエスケープに成功してポイントを許さない。決勝戦の試合時間20分、そして延長の10分間はそうやって時間が過ぎていった。

最後の延長戦でも、ヴィエイラがテイクダウンを仕掛けては、ペナが凌ぐ場面が見られることに。このままでは判定で不利と分かっているペナもシングルを仕掛けるが、体軸の強さを誇るヴィエイラはそれをなぎ倒すように振り払う。終盤、目に見えて疲弊したペナは防戦を余儀なくされ、目立った攻撃ができないまま試合を終えた。

結局レフェリー判定はヴィエイラに。ノーギでもその強さをまざまざと見せつけ初優勝を遂げた怪物は、この後行われる無差別級でも優勝候補筆頭と思わせる強さだった。ただ、素晴らしい寝技技術を誇る二人の40分間の戦いのうち、最初の10分で何度かグラウンドの攻防が見られた後の30分間は、ほとんどスタンドレスリングからの抑え込み×脱出の攻防に費やされたのも事実。これを残念と感じてしまうのは、寝技好きによる偏った見方に過ぎないのだろうか。

■リザルト

【99キロ以下級】
1位 ホドウフォ・ヴィエイラ(ブラジル)
2位 フィリッピ・ペナ・プレギーサ(ブラジル)
3位 ジョアオ・アシス(ブラジル)
4位 シャンジ・ヒベイロ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie