この星の格闘技を追いかける

【OFC08】青木真也がリアネイキドチョークで完勝、新王座に就く

Aoki vs Boku

【写真】話題の一戦は一方的に青木のペースで試合が進み、朴光哲は「蛇に睨まれたカエル」のように動けなかったと試合後に語った(C) MMAPLANET

<OFC世界ライト級選手権試合/5分5R>
[挑戦者]青木真也(日本)
Def.2R2分01秒 by リアネイキドチョーク
[王者]朴光哲(日本)

イヴォルブMMAのメンバーを引き連れて挑戦者・青木が入場。王者・朴はベルトを肩にかけてケージへと向かい、青木に背を向けたまま、名前がコールされるのを待った。

細かく体を振ってステップする朴。サウスポーの青木はスッとシングルで組みつくと、立ち上がろうとする朴の背中に回り込み、そのままグラウンドに持ち込む。朴の腕の間からパンチとヒジ打ちを入れる青木は、ネックロック気味のバックチョークへ。朴は正対してハーフガードで下になる。

ここから青木はダースチョークで絞めつつ、頭部にヒザ蹴り。それを耐えて、金網を背にして立とうとする朴。青木は朴を寝かせてトップキープしてヒジ打ちを落とす。残り30秒、マウントを取った青木はパンチを落として腕十字へ。朴が両腕をクラッチしてディフェンスすると顔面にかかとを落とし続けた。

2R、朴が前手を伸ばし、プレッシャーをかけながら左ロー。青木はそれをキャッチするようにシングルに入り、バックを狙いながらテイクダウンする。ハーフガードからパンチを落とす青木は、亀になる朴の後方からパンチを入れ、朴が体を起こすと、すかさずリアネイキドチョーク。これをしっかりと極めて、青木が一本勝ちで新王座に就いた。

試合後、青木は「僕チャンピオンなんですけど…僕がチャンピオンなのは、僕の力じゃなくてチームのみんなが僕を勝たせてくれました」と涙ながらのマイク。「疲れないように力をセーブして極めました」とフィニッシュを振り返ると「ディス・ベルト・イズ、イボルブ・ファーストベルト。コングラッチュレーション! チャトリ!」と、通訳を務めていたイヴォルブMMAのチャトリ会長にOFCのベルトを巻いた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN