この星の格闘技を追いかける

【RFC24】ミノワマン、初回にダウン奪って判定勝利も会場を沸かせられず…

Minowaman【写真】ミノワマンはカウンターの右フックでダウンを奪うも、フィニッシュにはつなげられなかった(C)MMAPLANET

<ミドル級/5分3R>
ミノワマン(日本)
Def.3-0
キム・デソン(韓国)

離れた間合いから右フックで飛び込むミノワマン、デソンをケージに押し込んでテイクダウンを奪うと、デソンのバックに回り込む。じっくりポジションをキープしてRNCを狙うミノワマンだったが、デソンのディフェンスは固くブレイクとなる。

再開後、デソンが左フックを強振。これでケージまで下がるミノワマンだが、一旦距離を取り直すと、突進するデソンに右フックのカウンターをズバリ。後方に倒れたデソンにパンチを落としてアキレス腱固めへ移行する。回転して立ち上がるデソン。しかし終了直前、再びミノワマンの右フックが当たり、デソンが尻餅をつく。

2R、デソンが左右のフックを振り回して突進。ミノワマンは距離を取りながら右フックのカウンターを狙う。デソンの蹴り足をキャッチしてテイクダウンを仕掛けるミノワマンだが、デソンはケージを背にして倒れない。距離が離れるとデソンが細かくパンチを当ててミノワマンを後退させる。残り10秒、ミノワマンがダブルレッグに入るが、デソンはケージに身体を預けて倒れない。

3R、前に出るデソンが首相撲からヒザ蹴り。下がるミノワマンに左右のフックで襲いかかる。その後もデソンが前に出ながらビッグヒットを狙い、ミノワマンが下がりながら右フックのカウンターを狙うお見合い状態が続く。残り10秒でミノワマンが右フックを当て、ダブルレッグでテイクダウンするが大きな展開はなし。

初回にダウンを奪って判定勝利したミノワマンだったが、2R以降はコンタクトの少ない展開が続き、会場を沸かせることは出来なかった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie