この星の格闘技を追いかける

【UFC155】バーナーがギラードとの熱戦を僅差で制す

2012.12.30

<ライト級/5分3R>
ジェイミー・バーナー(米国)
Def.2-1:30-27, 27-30, 30-27
メルヴィン・ギラード(米国)

左ジャブを見せるギラード、続いて右ローでバーナーの前足を狙う。左フックを振るうバーナーだが、距離が合わない。継続的に左右のローを続けるギラード。バーナーが距離を詰めると、右へ回って距離を取りなおす。オクタゴン中央で、神経戦が続きギラードが前へ。これをバーナーがすかし、試合は間合いを取り合いへ戻る。

ギラードのミドル、ローと手数でバーナーを上回る。パンチには互いに下がるという展開のなか、試合は残り90秒に。ケージを背にしたギラードが、前に出てくるとバーナーがカウンターを狙うがクリーンヒットはない。と、ワンツーを放ちながらバーナーが前に出てダブルレッグへ。これを切ったギラードは、距離を取りなおしてローを見せる。

残り20秒、ボディから右フックを決めたバーナーが乱打戦に持ち込み、フックでギラードの姿勢を乱す。バーナーはそのままギロチンを仕掛け初回をモノにした。2R、左ジャブを伸ばすギラードの右ローに負けず、前に出るバーナーがダブルレッグでテイクダウンを奪い、左足を両足で挟みこむ。

立ち上がってギラードが逃げるところで、背中に飛び乗ったバーナーだが前方に落される。シングルにヒザを合わされそうになり距離を取りなおしたバーナーに、ギラードの右ローから左ハイキックが襲う。ケージ際でステップワークを見せるギラードだが、バーナーは左右のフックから右アッパーを放つ。ギラードの意識が打撃戦に集中したところで、ダブルレッグを決めたバーナーが、確実にポイントメイクする。

立ち上がったギラードに右をヒットしたバーナー、ギラードがスイッチしてサウスポーに構えるとローが急所に当たり試合が中断する。再開後、残り30秒となりギラードが前に出るも、ギラードが距離を取る。オーソに戻し、ローを見せるギラードだが決定的なシーンを作ることなく2Rも終了した。

最終回、開始直後のヒザ蹴りを苦もなく避けたバーナーが、ダブルレッグからペルヴィアンネクタイへ。これがすっぽ抜けてガードを取ると、初めてトップを取ったギラードがパウンドを落していく。右スネをカットし流血したバーナーは、低い姿勢でダブルレッグを決める。ケージに押し込み、パウンドを落すバーナー。腰をコントロールし、バックへ回ろうとするも、胸を合せたギラードが立ち上がる。打撃の距離になり、即ダブルレッグを決めたバーナー。と、ギラードから腕十字を仕掛ける。立ち上がって腕を抜いたバーナーは、一度はリバーサルを許すがスイッチからバックを伺うと、ギラードが自ら背中をマットにつけてガードワークへ。

蹴り上げから立ち上がったギラード、残り20秒を切りバーナーのテイクダウン狙いにヒザを打ち込む。そのままバーナーはギラードを抱え上げ後方へ体重を乗せてスラムする。最後の最後に首を両足で挟み、腕を伸ばしたギラードだったが、ここでタイムアップに。結果、スプリットにもつれ込んだ熱戦をバーナーが制した。

PR
PR

関連記事

Movie