この星の格闘技を追いかける

【WSOF19】試合結果 ゲイジーがTKO勝ちで、3度目の防衛。チアゴ・シウバはハミルの代役にTKO負け

28日(土・現地時間)、アリゾナ州フェニックスのコメリカ・シアターでWSOF19「Gaethje vs Palomino」が開催された。

メインのWSOF世界ライト級選手権試合では、開始直後から怒涛の攻撃を見せた王者ジャスティン・ゲイジーが、初回に反撃を受けて危機に陥るも、体最後はきっちりローで勝負をつけて3度目の防衛に成功した。

セミファイナル=WSOF世界ライトヘビー級トーナメント準決勝では、前日計量をパスしていたマット・ハミルが体調不良により欠場。この日ジェイク・ヒューンと対戦予定だったテディ・ホルダーが急遽チアゴ・シウバと対戦し、120秒でシウバを仕留めて番狂わせを起こして見せた。

同大会の全試合結果は以下の通りだ。

WSOF19「Gaethje vs Palomino」
<WSOF世界ライト級選手権試合/5分5R>
○ジャスティン・ゲイジー(米国)3R3分57秒
TKO
詳細はコチラ
×ルイス・パロミーノ(ペルー)
<WSOF世界ライトヘビー級T準決勝/5分3R>
○テディ・ホルダー(米国)1R2分00秒
TKO
詳細はコチラ
×チアゴ・シウバ(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○チムール・ヴァリエフ(ロシア)1R1分39秒
TKO
詳細はコチラ
×エド・ウェスト(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○クリフォード・スタークス(米国)2R4分11秒
肩固め
詳細はコチラ
×ジェイク・ヒューン(米国)
<ライト級/5分3R>
○ジミー・スピクーザ(米国)3R
判定
×ベニー・マドリード(米国)
<180ポンド契約/5分3R>
○ジョセフ・ジリョッティ(米国)3R4分45秒
TKO
×ブレンダン・ティアニー(米国)
<バンタム級/5分3R>
○アンドレス・ポンセ(米国)2R0分53秒
三角絞め
×フアン・アーチュレッタ(米国)
<ミドル級/5分3R>
○ダン・フーバー(米国)1R3分03秒
TKO
×イスラエル・アキノ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○マシュー・フリンチュ(豪州)2R0分14秒
KO
×エリック・レーガン(米国)
<フェザー級/5分3R>
○エリック・ビジャロボス(米国)3R
判定
×ジョー・マドリード(米国)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie