この星の格闘技を追いかける

【UFC184】疲れたクラウスに左ジャブを打ち続けたピドゥが、接戦制す

<ライト級/5分3R>
バウミウ・ビドゥ・ラサーロ(ブラジル)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
ジェイムス・クラウス(米国)

ヘナン・バラォンとマルロン・サンドロがセコンドに就いたビドゥ。試合開始早々、ビドゥが左ローを蹴り込み、引き続きローを続ける。クラウスもローからジャブを返し、右ハイへ。身を屈めてかわしたビドゥはジャブとローでなかなか自分の距離を作れない。と、ジャブに続いて組みついたクラウスがダブルレッグでテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がったビドゥは、ケージ際のプレッシャーを耐え抜くも、サウスポーにスイッチしたクラウスに再びケージに押し込まれる。離れた両者、ビドゥがボディと顔面にコンビネーションを決め、さらに左フックを打ち込むなど、終盤盛り返した。

2R、まずテイクダウンを決めたクラウス。起き上がったビドゥは、クラウスのテイクダウン狙いをスプロールしながら左ジャブを伸ばす。クラウスは左ボディフックを決め、右ボディも打ち込む。さらに左ミドルと腹を攻めるクラウスに対し、ビドゥはジャブに続く動きは少ない。右ストレートからテイクダウンを狙ったクラウス、この際急所に攻撃が入ったとビドゥがアピールし試合は中断する。再開後、ローからヒザを入れるビドゥが前に出る場面が増える。残り1分、左ジャブを連続でビドゥが入れ、クラウスに疲労の色が目立ってきた。

3R、まずは左フックを決めたクラウス、ビドゥは右ボディストレートを返す。ビドゥの右ロー、クラウスは右アッパーから右ローを蹴り込む。ビドゥはパンチでバックステップしたクラウスに右ローを入れるという展開を2度作る。クラウスは組みついてテイクダウン、立ち上がり際にバックを狙う。ビドゥがケージ際から離れ、右ミドルを蹴り込む。やや遠いレンジで蹴りを入れたビドゥが左ローから右フックを放つ。ビドゥの手数がクラウスを勝る終盤、クラウスはダブルレッグを切られる。疲れたなかで手を出し続けた両者、裁定は割れビドゥが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie