この星の格闘技を追いかける

【URCC22】禅道会の森川、トラスモンテのテイクダウンに敗れる

2012.12.02

<フライ級(130ポンド)/10分2R>
レイサルド・トランスモンテ(フィリピン)
Def.3-0
森川英雄(日本)

左ジャブからローを見せた森川。思い切り右を振るって組みついたトランスモンテがコーナーに森川を押し込むも、態勢を入れ替えられる。外掛けでテイクダウンを狙った森川だが、トランスモンテがトップを取る。蹴り上げを見せる森川にローを蹴り込むトランスモンテ。森川が立ち上がると、またも大振りの右フックから組みついていく。

引き込むようにガードを取った森川、レフェリーがブレイクを命じる。トランスモンテは前蹴りから組みつくと、ここでテイクダウンへ。コーナーを背にした森川がすぐに立ち上がり、逆にロープへトランスモンテを押し込んでいく。トランスモンテが押し返しテイクダウンを奪取すると、飛び込んで鉄槌を落す。

森川は蹴り上げを見せたあとで、レフェリーの指示でスタンドに戻る。パンチを振るいながら組みつくトランスモンテ、同じような展開にも森川はコーナーに押し込まれる。引き込みながら、後方にトランスモンテを投げた森川。両者スタンドに戻ると、トランスモンテがまたすぐに組みついていく。

コーナーにトランスモンテを押し込みながら、テイクダウンを取られた森川だが、ここはすぐに立ち上がる。森川の左ハイに、ローを合せパンチを伸ばすトランスモンテ。続いて森川の右ローに対し、押し込むようなパンチを合せる。尻もちをついた森川はすぐに立ち上がって、シングルレッグでテイクダウンを奪う。

起き上がろうとしたトランスモンテの腰をコントロールし、しっかりとテイクダウンを奪った森川は、ブリッジに合わせてバックマウントへ。足を外されそうになっても、バックで粘っていた森川だが、乗りすぎで前方に振り落される。トランスモンテが素早い左ミドルを見せるも、森川はブロック。すると、森川のヒザがトランスモンテのボディに突き刺さる。右エルボーを見せたトランスモンテ、頭を叩いた森川は大丈夫だとアピールする。

直後にシングルレッグダイブからバックに回ろうとした森川は、胸を合わされるとヒザを入れるも、テイクダウンを奪われて初回終了を迎えた。2R、トランスモンテが重い左ミドル、さらに右ミドルを蹴り込む。エルボーは空振りしたトランスモンテだが、再び左ミドルで前に出る。右ストレートからミドルを蹴り込むトランスモンテ、森川はロープに詰まってもしっかりとブロックする。コーナー際で組み合う両者、トランスモンテがヒザからエルボーを放つ。

森川の蹴り足を掴んでテイクダウンしたトランスモンテは、インサイドガードからの手数は少ない。しかし、スタンドで組み勝てない森川はガードを取る時間が長くなる。リング中央でトランスモンテのトップから試合は再開されると、森川のギロチンの仕掛けは無効となる。スタンドに戻ると、トランスモンテの右を受けて動きが止まった森川が引き込む。

立ち上がって待つトランスモンテ。組みついた森川がボディロックからテイクダウンを狙うも、トランスモンテが右ワキを差し、レフェリーがブレイクを命じる。森川の右ミドルに対し、同じくミドルから右ストレートをトランスモンテが打ち込む。引き込んだ森川は、スタンドに戻ると、ダブルレッグダイブでテイクダウンを奪う。

ハーフからバックを伺うも、前方に振り落された森川。スタンドに戻ると、組みついてヒールフックへ。鉄槌を受けながらアキレス腱固めに移行した森川。トランスモンテが胸板にヒールキックを落すが、足を抜くことはできない。パンチを胸板に落すトランスモンテだが、森川は足関節を続ける。最後まで足関節を放さなかった森川だが、試合はそのままタイムアップに。結果、トランスモンテが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY