この星の格闘技を追いかける

【2014-2015】川尻達也<02>「試合があるとできないことをやってきて、楽しかったです」

Tatsuya Kawajiri【写真】ネガティブシンキングの権化ともいえる川尻だが、この休息期間をポジティブにとらえ、格闘技のことを楽しく考えていたという。なんだか、嬉しいことだ(C)MMAPLANET

2015年、引き続き注目したいファイターの声。網膜剥離、3度目、そして新しい施術後の川尻達也。ポジティブにこの間を過ごしている川尻の真意を訊いた。
<川尻達也インタビューPart.01はコチラから>

──そのような自分を見直すということは、勝ち続けている間は逆にできなかったことではないですか。

「戦い続けていたら、そこまで考える余裕がなかったと思います。試合ができない状況が、もしかすると自分のために良かったんじゃないかと、たまにはポジティブに考えています(笑)」

──まさに今、突っ込みを入れようと思ったところです。『俺なんて死んじまえば』というスーパーネガティブな川尻選手の口から、そういう前向きな意見が聞かれたので(笑)。

「ホント、この休息期間がなければ、そこまで考えることがなくて、これまでやって来た練習をとことん突き詰めていたはずです。嵌れば大きいですけど、そうじゃない時には幅の無さが致命傷になっていたかもしれない。以前はそこをやり抜いて、勝てるよう練習してきたのですが、それだけではUFCでは……あれだけ層が厚いと。自分の思い通りにならないことは増えてくるし、幅を持たせたかったです。やっぱり、オクタゴンは広いですからね。

ずっとリングで戦ってきて、なかなか追い足とかもなかったですし。そういうことも含めて、もう少し自由に動けるようにしたいです。寝技も一つのパターンを究めるのも大事ですけど、他のパターンでもいけるようにしようかと。ずっとそういうことを頭の中で考えていましたね。寝ても覚めても。他のファイターの試合を見ながら。そして練習で試していました。あとは色々な人、自分にない者を持っている人に教えてもらったりして。試合があるとできないことをやってきました」

──それらのことを考えている時は、楽しかったですか。それとも焦燥感を持っていましたか。

「いやぁ、必死でした。生き急いでいるという感覚は自分でもしていたし。でも結局、これしかないので良いかなって(笑)」

──それはどうなっても良いという意味ですか。

「ハイ。生き急いでも良いかなと。そうやって結構、必死にやっていました。でも、現役でいる間しかできないことなので楽しかったですよ」

──ヘンゾ・グレイシーの取材をした時に、『ファイターにとって本当の敗北は戦った経験を生かせなかった時なんだ』ということを言っていたんです。

「素晴らしいですね。格好良いです。そうですね、うん。そこを生かせなかったら終わりなんで。しがみついても、そこを生かして成長するしかない。今のところ、プロ練はやっていないですけど、少しは変化しているかなと感じているので。そこを生かすか殺すか、生かし続けないといけないですね」

──2015年の活動予定としては、どれぐらいからプロ練習に復帰し、いつから試合に出ようと考えていますか。

「年明けからプロ練に参加しつつ、できれば春が終わった頃、梅雨が始まる頃には試合ができればと思っています」

──では1月、2月は新たな試みをプロ練のなかで試す期間になりそうですね。

「ハイ。全然、通用しないかもしれないですけどね。その辺りもまだ不安ですけど、焦らずに。今、焦って痛い目を見てもしょうがないので。コツコツと……、常にコツコツですが(笑)、やっていくしかないです。急には強くなれないので、積み重ねてやっていきます」

──格闘技のことを考えていて楽しかったという川尻選手の言葉が聞けて良かったです。

「ハハハハ。結局、好きなんですよ。頭の中でどうすれば、強くなれるのか、どうすれば良いのか。どうすれば、こういう相手に試合で勝てるのかって考えているのが。練習する、しないは別にしても、そういうことを考えるのが好きで。現役でないと、それをやっているとただのマニアですけど、現役の時はそれが身になる。まぁ、良い商売だなと(笑)。好きなことを頭に考えていて、それを生かすことができるのは。

だから、そこまでは焦っていないです。ただ、負けているので次に負けるとリリースの可能性も大きい。そこの部分では不安はありますけど、そのためにも強くならないといけないので。その辺は焦らないでやりこんで復帰しようと思います」

──今日はありがとうございました。では、最後に読者への一言、お願いします。

「表に出ていない間に、また強くなって戻れるように積み上げているので。復帰はもう少し先になると思いますが、頭の片隅に僕の名前を忘れずに置いておいてください。よろしくお願いします」

<川尻達也とMMAPLANET in 2014>

9月24日、インタビュー UFC JAPANについて
8月21日、インタビュー 手術、術後の経過についてュー
4月23日、インタビュー クレイ・グィダ戦振り返り
4月11日、UFN39 vsクレイ・グィダ
1月20日、対談 with水垣偉弥
1月4日、インタビュー UFC初戦直後
1月4日、UFN34 vsショーン・ソリアーノ
1月3日、インタビュー ショーン・ソリアーノ戦に向けて

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie