この星の格闘技を追いかける

【TUF20】乱打戦を制したクラークが逃げ切る

<女子ストロー級/5分3R>
ヘザー・クラーク(米国)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
ベック・ハイアット(豪州)

試合開始早々、距離を詰めたハイアットにクラークは首相撲の態勢に。すぐに離れると、クラークの右がハイアットにヒットし、動きが止まったところでテイクダウンへ。起き上がりながらもパンチを被弾したハイアットは、そのままケージに押し込まれる。ハイアットは胸を合せて右腕を差し、クラークの顔を押して体を入れ替えようとする。踏みとどまったクラークだが、レフェリーはブレイクを命じた。

ケージ中央で組み合った両者、ハイアットがダーティボクシングで攻め込む。クラークはここでもハイアットをケージに押し込みテイクダウン狙いへ。クラークは右ストレートを打ち込むが、ハイアットはダーティボクシングから首投げを決めテイクダウンに成功する。そのままバックに張りつこうとしたクラークに対し、ハイアットが袈裟で固め初回が終了した。

2R、細かいパンチの応酬からハイアットが右ローを蹴り込む。そのローにクラークは右を合わせる。踏み込んで右をヒットさせたクラーク、組みのフェイクを交えながら左ジャブを伸ばす。組んで小外刈りを狙ったクラークだが、ハイアットが首投げ。しかし、上を取ったのはクラークでサイドからパンチ、バックへ回り込む。ワキをすくってハイアットの背中を伸ばしたクラークは両足をフックする。

胸を合わせようとロールしたハイアット。そのまま背中についたクラークはハイアットをうつ伏せにさせRNCへ。腰をあげたハイアットに対し、バックをキープしたクラークは最後に前方に落されたが2Rを取った。

最終回、パンチでラッシュを掛けるハイアット、クラークのテイクダウン狙いを潰すと、右アッパーを入れる。さらに右から左に繋げると、クラークもパンチで対抗。ケージ際の攻防が続き、残り90秒で離れると最後は打撃戦へ。しかし、激しいパンチの応酬を続ける体力は残っておらず、クラークが組みつく。離れたハイアットが、懸命にアッパーを繰り出そうとしたところでタイムアップに。結果は3-0でクラークに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN