この星の格闘技を追いかける

【UFC152】ジョーンズが貫禄の防衛、フライ級新王者はDJに!!

2012年9月22日(土・現地時間)、カナダ・トロントのエアカナダ・センターでは、UFC152「Jones vs Belfort」が開催された。

9月1日(土・同)、ラスベガスで開かれる予定だったUFC151「Jones vs Henderson」がまさかの中止となり、8月11日(土・同)、コロラド州デンバーのペプシ・センターで行われた、UFC150「Henderson vs. Edgar II」以来のイベントとなったUFC。そのメインイベントでは、UFC151からスライドする格好で、UFC世界ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズが参戦を果たし、ヴィトー・ベウフォートの挑戦を受けた。

リョート・マチダがジョーンズ戦を回避したことから、挑戦権を得ることになったヴィトー。王者有利の声が大多数を占める中、迎えた初回、ガードで下になった状態から、ケージを蹴って体勢を変えると腕十時で王者の右腕を伸ばした。ここは、ジョーンズが強引に外していったが、あわやのシーンに場内は大歓声に包まれた。

2Rにも、下から三角絞めを狙ったヴィトーだが、徐々にペースを上げていった王者は、サイドキックをヴィトーのボディに叩き込むと、これが効いたヴィトーはしゃがみこみ、そのままガードへ。4Rに入ると、距離を詰めたジョーンズがテイクダウンから、エルボー、すぐさまアメリカーナ・アームロックを極め、終わってみれば貫禄の一本勝ち。王者が4度目の防衛に成功した。

また、セミファイナルで行われた、UFC世界フライ級王座決定戦=デメトリウス・ジョンソン×ジョセフ・ベナビデスの一戦は、一進一退の攻防から、試合終盤=チャンピオンシップラウンドに突入すると、ベナビデスがパンチでジョンソンの姿勢を崩すも、反撃に転じたジョンソンはベナビデスから立て続けにクリーンテイクダウンを奪い、僅差のスプリット判定で試合を制している。全試合結果&詳細は下記の通り。

第12試合 UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R
[王者]
○ジョン・ジョーンズ
(米国)
4R0分54秒
アメリカーナ
詳細はコチラ
[挑戦者]
ヴィトー・ベウフォート×
(ブラジル)
第11試合 UFC世界フライ級王座決定戦/5分5R
○デメトリウス・ジョンソン
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
ジョセフ・ベナビデス×
(米国)
第10試合 ミドル級/5分3R
○マイケル・ビスピン
(英国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ブライアン・スタン×
(米国)
第9試合 ライトヘビー級/5分3R
○マット・ハミル
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ロジャー・ホレット×
(カナダ)
第8試合 フェザー級/5分3R
○カブ・スワンソン
(米国)
1R2分40秒
KO
詳細はコチラ
シャーウス・オリヴェイラ×
(ブラジル)
第7試合 ライトヘビー級/5分3R
○ヴィニー・マガリャエス
(ブラジル)
2R1分40秒
腕十字
詳細はコチラ
イゴール・ポクライエク×
(クロアチア)
第6試合 ライト級/5分3R
○TJ・グラント
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
エヴァン・ダナム×
(米国)
第5試合 ウェルター級/5分3R
○シェーン・ピアソン
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ランス・ベノア×
(米国)
第4試合 フェザー級/5分3R
○マーカス・ブリメージ
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジミー・ヘッテス×
(米国)
第3試合 ウェルター級/5分3R
○セス・バクジンスキー
(米国)
1R4分10秒
KO
詳細はコチラ
シメオネ・ソーレセン×
(ノルウェー)
第2試合 バンタム級/5分3R
○ミッチ・ギャグノン
(カナダ)
1R1分09秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
ワレル・ワトソン×
(米国)
第1試合 ウェルター級/5分3R
○カイル・ノーク
(豪州)
1R0分45秒
TKO
詳細はコチラ
チャーリー・ブレネマン×
(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday