この星の格闘技を追いかける

【UFN52】マキシモ、フッカーの反撃を振り切って接戦を制す

<フェザー級/5分3R>
マキシモ・ブランコ(ベネズエラ)
Def.3-0:29-28, 29-28, 28-29
ダン・フッカー(ニュージーランド)

いきなりバックスピンキックを見せたマキシモ。そこからダブルレッグに入ってテイクダウンを狙う。距離を取ったフッカーはジャブを突いて前に出て右ストレート、パンチと首相撲のプレッシャーで前に出る。組みついたマキシモがシングルレッグで組みついてテイクダウン、フッカーはケージを使って立ち上がる。距離が離れるとフッカーがジャブ、右ストレート、右ヒジ。マキシモも右フックをを当ててフッカーを下がらせてダブルレッグに入る。それを切ったフッカーはジャブで前進、ブランコは右アッパーを当てるとダブルレッグでテイクダウンする。ガードポジションのフッカーも足を効かせて立ち上がり、マキシモはパンチからダブルレッグへ。これは失敗に終わるが、スタンドに戻るとマキシモが左アッパーから右ストレートをヒットさせる。一瞬、足が止まるフッカーだったが首相撲からのヒザ蹴りとヒジでマキシモを攻め込む。

2R、すぐにプレッシャーをかけるフッカー。マキシモも左フックを当てて応戦する。それでもタフなフッカーは下がらず、マキシモのタックルを切ると首相撲からヒザ蹴りを突き上げる。ジャブを突いてワンツー、右ローと細かい手数で前に出るフッカー。距離が詰まると首相撲からのヒジ・ヒザで攻め込む。マキシモもアッパーとフックを返すが、前に出るのはフッカー。マキシモにケージを背負わせるとボディにヒザ蹴りを突き刺す。下がりながらジャブ、左アッパー、ワンツーを当てるマキシモ。フッカーは右ヒジを返し、ジャブと左ヒジで前進。ここで右目尻をカットしたフッカーにドクターチェックが入る。歳秋後、フッカーがワンツーで前進し、マキシモをケージに押し込んでボディにヒザ蹴りを入れる。

3R、マキシモがすぐにダブルレッグでテイクダウン。フッカーは背中を見せて立ち上がる。マキシモはフロントチョークのように頭を取ろうとするが、フッカーに突き放される。すかさず左ハイキックを蹴るフッカー。お互いに組み合った状態でヒジを打ち合う。マキシモがタックルからがぶりを狙うが、逆にフッカーがマキシモをケージまで押し込む。一旦、距離が離れて組みの攻防になると脇をくぐるようにテイクダウンを狙うマキシモ。正対したフッカーは首相撲からヒザ蹴りとヒジ打ち。必死に突き放してジャブを返すマキシモだったが、フッカーに首相撲に捉えられるとヒジ・ヒザを被弾する。最後もフッカーがマキシモにヒザ蹴りを連打して試合終了。

3Rにフッカーの追い上げを許したマキシモだったが辛くも逃げ切り、判定勝利をもぎとった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie