この星の格闘技を追いかける

【UFN52】金原正徳 「自分を信じて後悔のないように戦いたい」

Masanori Kanehara【写真】対戦相手はランカーのカサレス、ビッグファイトに臨む金原だ(C)MMAPLANET

16日(火)、東京都新宿区・新宿のヒルトン東京・菊葉の間で20日(土)に埼玉県さいたま市中央区さいたまスーパーアリーナ開催されるUFC Fight Night 52「Hunt vs Nelson」に出場する日本人選手6名の公開練習が行われた。

徳留一樹、堀口恭司、金原正徳、中井りん、秋山成勲、五味隆典の順で各自3分間のワークアウト後に質疑応答があり、記者人の質問に受け応えをした。ここではユライア・フェイバーの代役出場として、念願のオクタゴン初陣を迎える金原の質疑応答の模様をお届けしたい。

――念願のUFC出場となります。今の心境を教えてください。

「ついに来たなという感じです。やれることはやってきたので、あとは自分を信じて後悔のないように試合はしたいと思います」

――米国ではどのような練習をされたのですか。

「最初はユライア選手との試合が決まっていたので、レスリング対策をしようかと思いレスリングのコーチのところに行ってきました。まぁ、相手が代わっても元々レスリングをやりたかったというのがあったので、レスリングを中心にトレーニングをしてきました」

――アレックス・カサレス選手の印象はいかがですか。

「う~ん、印象は余りないですね。怖さもないし、強さも感じないです。逆に自分が勝てる要素はたくさんあると思っています。けど、他の試合を見ると彼のペースにはまってしまうと、やられている人も多かったので技術的な部分より、気持ち的な部分ですね。下がらず、相手に飲みこまれずに自分の戦いができれば普通に勝てると思っています」

――変則的な戦い方をする選手ですが、その辺は気にならないですか。

「全然気にならないです。米国にいけば、あんな練習相手もゴロゴロいますし。米国で戦うことを目標にずっと海外でも修行してきたので、変則的だったり、外国人に対することでは、もう自分の中では克服できたと思っています」

■UFN52対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
マーク・ハント(ニュージーランド/6位)
ロイ・ネルソン(米国/8位)

<ライト級/5分3R>
マイルズ・ジュリー(米国/9位)
五味隆典(日本)

<ウェルター級/5分3R>
秋山成勲(日本)
アミール・サダロー(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
ミーシャ・テイト(米国/2位)
中井りん(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ストラッサー起一(日本)
リチャード・ウォルシュ(豪州)

<バンタム級/5分3R>
堀口恭司(日本/14位)
ジョン・デロス・レジェス(グアム)

<バンタム級/5分3R>
アレックス・カサレス(米国/10位)
金原正徳(日本)

<フェザー級/5分3R>
菊野克紀(日本)
サム・シシリア(米国)

<ウェルター級/5分3R>
イム・ヒュンギュ(韓国)
佐藤豪則(日本)

<バンタム級/5分3R>
田中路教(日本)
カン・ギョンホ(韓国)

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
ジョニー・ケース(米国)

<フェザー級/5分3R>
マキシモ・ブランコ(ベネズエラ)
ダン・フッカー(ニュージーランド)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie