この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX03】カスティーロが危なげない試合運びで判定勝利

2012.05.06

<ライト級/5分3R>
ダニー・カスティーロ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
ジョン・チョリッシュ(米国)

 1R、前後左右のステップ、時にスイッチを交えるチョリッシュに対し、落ち着いてローから右を見せ、組みついていったカスティーロ。ケージを背にしたチョリッシュは、ヒザをボディに受ける。左ワキを差して、右エルボーを見せたカスティーロだが、これは当たりが浅く、距離を取ったチョリッシュが、軽快にパンチから蹴りを見せる。

 蹴りを放った直後にバランスを崩したチョリッシュが、組みついていくが、カスティーロも小手投げを耐えて、再び試合は打撃の距離に。左手を伸ばし、フェイントを見せるチョリッシュはテイクダウンを警戒してか、重心を低く構える。

 チョリッシュの首相撲に右を打ちこんだカスティーロ、試合はスタンド戦が続き1Rも残り1分に。レスリングでの主導権争いが続いた1R、最後にカスティーロがローを蹴り込み最初の5分を戦い終えた。

 2R、カスティーロのフックを掻い潜ってテイクダウンを決めたチョリッシュ。がぶられたカスティーロは立ち上がって、大きな右を振るう。小さな右フックを決めたカスティーロ、チョリッシュはパンチをダッキングでかわすが、かなりヒザが沈んでおり、カスティーロには組みつくチャンスだ。

 逆に組みついたチョリッシュに対し、スタンドをキープしたカスティーロが左を伸ばす。スイッチから左、右を返すチョリッシュは、下がりながらダブルレッグへ。スプロールしたカスティーロが、がぶりからバックを伺うも、ここはすぐにスタンドへ戻る。

 右アウトサイドローを蹴ったチョリッシュ、カスティーロはアッパーのフェイントを見せてテイクダウンを警戒する。カスティーロは左から右フックを連続で決め、チョリッシュの動きを止める。ラウンド終了間際にも、チョリッシュのスーパーマンパンチをかわし、ボディロックからテイクダウンを決めたカスティーロが、このラウンドを取った。

 最終回、一本が必要なチョリッシュは寝技に持ち込みたいが、左ジャブになかなか前に出ることができない。前に出ようとしてバランスを崩したチョリッシュに、組みついたカスティーロギロチンを受けながらも、ケージにドライブし首を引き抜く。

 左ワキを差した状態で、再びエルボーを見せたカスティーロにチョリッシュは、起死回生のヒザ十字を狙う。足を畳んで、しっかりと対処したカスティーロは立ち上がって距離を取り、試合のペースを譲らない。

 左ジャブを伸ばすチョリッシュだが、カスティーロの前進に身を固くするシーンが目立つ。空振りでも勢いのあるパンチを見せるカスティーロ、残り1分となって距離をキープする。前に出られないチョリッシュは、残り15秒でカニ挟みからヒールを見せるも、これもかわされ万事休す、カスティーロがパウンドを落したところで、試合はタイムアップに。結果、カスティーロがフルマークでカスティーロを下した。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF