この星の格闘技を追いかける

【PXC44】前バンタム級王者ピットピットンゲ、フライ級初戦で圧勝

2014.06.27

Pitpitunge vs Duenas

【写真】驚異的な粘りを見せたドゥエナスに対し、ピットピットンゲはあくまでもパンチ勝負に拘った(C)MMAPLANET

<フライ級/5分3R>
クリサント・ピットピットンゲ(フィリピン)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ジョシュ・ドゥエナス(北マリアナ諸島)

前PXCバンタム級王者ピットピットンゲ。サウスポーのドゥエナスに対して右ミドルを蹴る。ドゥエナスはそのままタックルに入るが、ピットピットンゲはケージを背にして、それをディフェンス。逆にドゥエナスをケージに押し込むとテイクダウンを狙いつつヒザ蹴り、ガードを固めるにパンチを連打する。距離が離れるとピットピットンゲは右フックから突進。右ミドルでボディを狙い、右ボディストレートから組みついてテイクダウンを奪う。インサイドガードからヒジを落とすピットピットンゲ。ドゥエナスも腕十字を狙うそぶりを見せるが、ピットピットンゲのベースを崩すことが出来ない。テイクダウンを奪ってからはピットピットンゲがパンチとヒジ打ちで一方的に攻め続けた。

2R、ピットピットンゲがインローとサイドキック、右フックから連打をまとめる。下がるドゥエナスに対して、右ミドルを蹴って前に出るピットピットンゲ。ドゥエナスはピットピットンゲのパンチをブロックして、自らもパンチを返すが、ピットピットンゲはそれをしっかりと見切る。そしてドゥエナスをケージに詰めるとパンチとヒザ蹴りの乱れ打ち。ドゥエナスが一方的にピットピットンゲの打撃を受け続ける。それでもドゥエナスは立ち続け、ラウンド終了を待った。

3R、ピットピットンゲがドゥエナスのシングルレッグを潰してトップポジションを奪う。ドゥエナスも脇を差して立ち上がるが、2Rと同じようにピットピットンゲが首相撲に捉えてヒザ蹴りを突き上げる。シングルレッグからテイクダウンを奪うピットピットンゲ。ドゥエナスが立ち上がったところでブレイクとなった。再開後、ピットピットンゲがテイクダウンを奪い、インサイドガードでトップキープ。足を一本またいでヒジ打ちを落とす。最後はピットピットンゲが身体を起こしてパンチを連打したところで試合終了。フィニッシュこそ逃したピットピットンゲだったが、ドゥエナスに圧勝した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie