この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】切り裂きババル、世界王者に

(C) GONG KAKUTOGI第8試合ストライクフォース世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R
ヘナート・ババル(ブラジル)
Def. 1R終了時/TKO
ボビー・サウスワース(米国)

【写真】ケージ際の差し合いが続くなか、ババルの左エルボーが放たれた (C) GONG KAKUTOGI

地元のファンの大きな声援と、少しのブーイングを受けて登場した王者サウスワースは、いきなりテイクダウンを奪うことに成功する。しかし、ガードワークにも定評のあるババルは、ここでケージを蹴り、頭を中央に向けてから、オモプラッタを狙う。

と素早くこれを察知したサウスワースは、右手と右を素早く引き抜きトップをキープ。ならばと片足タックルを狙いつつ立ち上がったババルは、反対にサウスワースをケージに押し込んでいった。何度も態勢を入れ替え、ケージを移動していった両者。脇の差し試合が続くなか、ババルが左エルボーを放つ。この一発で、サウスワースは右目の眉毛の上から瞼に掛けて縦に大きくカット。

すぐに試合は中断するが、ドクターチェック後にレフェリーは試合再開を要請。残り僅かとなった1Rで勝負を決めなければ、いつ試合を止められるか分からないサウスワースは、一気呵成に攻め込みトップを奪う。が、無常にもここでラウンドが終了。そして、2Rを迎えることなく、再度ドクターチェックを受けたサウスワースには、TKO負けが宣言された。

『Strikeforce DESTRUCTION』主要試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie