この星の格闘技を追いかける

【PFC11】ランバー次の試合の相手はルネツ

2008.11.22

(C) GONG KAKUTOGI第6試合フライ級王座決定トーナメント/3分3R
パット・ルネツ(米国)
Def.判定3-0
ルイス・ゴンザレス(米国)

【写真】スイープの仕掛けも多く、優勢に試合を進めたようにみえたゴンザレスだが、米国MMAではポジションを入れ替えるだけでは評価されず、ルネツに敗れた (C) GONG KAKUTOGI

スピーディの異名と持つPFCの人気者、キャリア3戦3勝3KOのゴンザレスは、スパイダーガードで有名なチンギーニャの教え子。一方のキャリア4戦4勝、KOと一本がそれぞれ1試合ずつあるルネツにはWEC世界ライト級王者ジェイミー・バーナーをセコンドがついている。


試合は荒い打撃のゴンザレスがテイクダウン狙いを、ルネツがカットされると引き込んでガードから攻めるという展開が続いた。潜りからまた抜き、バックを窺うゴンザレス、これをルネツが察知しバックを取らせないよう体を離す。続いてのスイープ狙いはがぶられたが、ゴンザレスは立ち上がってパンチを繰り出す。

再び、タックルから引き込んで足関節を狙ったゴンザレスだが、ルネツは素早く立ち上がるとパウンドを落とす。タックルを失敗したように見え、さらに遠い間合いからのパンチが届かないゴンザレス。一方のルネツも勢いのある打撃攻撃を見せるもののクリーンヒットは少ない、勢いはあるが荒さの目立つ試合となった。

結局、この試合展開は最後まで変わらず、タックルを切るたびにパウンドを落としたルネツが判定勝ちを収めた。

『PFC11』主要試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie