この星の格闘技を追いかける

【UFC136】ナム×ガルシアにスタンディングオベーション

2011.10.09

<フェザー級/5分3R>
ナム・ファン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
レオナルド・ガルシア(米国)

牽制の足技から距離を詰めようとするナムに対し、ガルシアはヒザやハイキックを繰り出し、自分の距離を作ろうとする。左の伸ばすガルシアは右から左フックは空振りになり、ケージに詰めたナムがボディを連打する。

パンチが大振りになったガルシアに対し、再びナムのボディが決まる。さらに左フックをヒットさせるなど、打撃の攻防で有利に立つナムは、冷静にガルシアの後ろ回し蹴りを切っていく。

ガルシアのテイクダウン狙いを同体の小手投げでしのぐと、その後もナムは左ボディフックを有効に効かせる。左の相打ち後、必死になって前に出てくるガルシアだが、体の軸は既に乱れている。左アッパーから右を入れたナム。ここでガルシアが目に指が入ったとアピールして、試合は一時中断。

再開後、ガルシアのテイクダウン狙いを切り、頭を切るようにそのままバランスを崩したナムがトップを奪う。そのままパウンドを落としたナムが、攻勢のまま初回を戦い終えた。2R、いきなり右から左フックを見せたガルシアだが、これは空振りに。ナムが低い姿勢からパンチを見せ、距離を詰める。ボディを連打するナムは、左ストレートを顔面にヒットさせ、ふらつくガルシアの荒いフックを避けると、逆に左を打ちこむ。


大振りが目立ってきたガルシア、ナムのパンチに頭を下げ、ヒザを突き上げるが、これも空振りに。右から左をヒットしたナムは、やや距離を測りながら、右から左を再び決める。ナムの右で大きく後退したガルシア。それでも拳を振り回し前進してくる。左ボディを打ち込むナムは左リードジャブの連打から、集中的にボディを放つ。

左から右を二つ打ち込んだナムに対してガルシアもフックを振り回す。このまま2Rもナム攻勢のまま、スタンドの展開だけで終了した。最終回、手を合わせた両者。ガルシアがローキックを右、左の順番でヒットさせ、左ジャブを連打する。ナムの左右のフックを受けたガルシアだが、左フックで形勢逆転。腰から崩れ落ちたナムが立ち上がってなお、ケージにナムを押し込んで、ボディ、顔面にパンチを見舞っていく。しかし、ここで攻め疲れたか、ケージにナムを押し込んだガルシアは、距離ができても動きが落ちる。

ナムの体の軸がぶれたパンチが増えるが、左ボディフックでガルシアを後退させた。ノーガードのガルシアのローキックにフックを当てる。さらにリードジャブから、ダブルレッグダイブでテイクダウンを奪ったナムは、クローズドガードのガルシアに細かいパウンドを落とす。

打ち合いを見続けたい観客のブーイングにレフェリーがブレイクを要請。試合は残り1分となり、スタンドに戻った。ガルシアのバックハンドブローは空振りし、ナムは再び距離を測りながらのファイトに徹する。ここでガルシアがダブルレッグダイブを見せ、両者が分かれると最後で殴り合いに。タイムアップを迎えるや、観客はスタンディングオベーション。

結果、ジャッジは三者とも29-28でナムに軍配が挙がった。両者揃ってインタビューを受けるという前代未聞の展開にヒューストンのファンは大きな歓声を送った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie