この星の格闘技を追いかける

【BFC53】切れる打撃のリマ、ロザーノを翻弄+KO

2011.10.09

<ウェルター級トーナメント準決勝/5分3R>
ドウグラス・リマ(ブラジル)
Def.2R3分14秒by TKO
クリス・ロザーノ(米国)

やや遠い間合いからロー、前蹴りを見せるリマ。左フックを繰り出すロザーノは、リマの前進に右を合わせようと試みる。と、ロザーノのローがリマの急所をヒットし、両者が間合いを取り直す。踏み込んで右ストレートを打ったリマが、ヒザを突き上げると、ロザーノが右フックを打ち込む。

距離を取ったリマのローに、ロザーノが右フックを合わせると尻餅をつく。起き上がったリマは失点を挽回しようとばかりに、強烈なアッパーからフックを続ける。距離を取り直したロザーノ、両者の右が相打ちとなる。リマのローに、フックを合わせたいロザーノは、左ジャブにも右を被せていく。


左リードジャブが伸びるリマが、プレッシャーを掛けていく。今度は左ジャブが相打ちとなったが、距離をつめたリマがフックの連打からミドルを蹴り込む。組み付いたロザーノだが、尻餅をついたのは彼の方。

ハーフバックに回ったリマが、腹這いにテイクダウンを狙うも、ロザーノが胸を合わせ、右フックを思い切り振るっていく。最後は距離を詰めて、両者の拳が派手に交錯したところで1Rが終わった。

左目の下を張らしたロザーノは、後ろ回し蹴りを見せるも距離が合わない。スーパーマンパンチも、リマがステップバックでかわす。左ジャブをヒットさせ、右ローを蹴り込んだリマは、リーチの長さを利したファイトで優位に立つ。

思い切って踏み込んだロザーノも左ミドルを放つが、直後の右はかわされる。ジリジリと詰め寄るリマに、右フックを見せるロザーノだが、リマの右をダッキングで避けられてしまう。続く攻防で左右のストレートを顔面に受けてしまうリマだが、ロザーノの左ジャブに、リマは右ボディを打ち込み距離をキープする。

しっかりと顎を引いて、距離を詰めるリマは、ロザーノの左ジャブに左ジャブから右ストレートを合わせる。と、ロザーノが前方に崩れ落ちる。準々決勝の間合いを図るファイトから、距離をコントロールして倒すファイトを見せたリマが、ロザーノから見事なTKO勝ちを奪った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie