この星の格闘技を追いかける

【UFC130】テイクダウン許さず、ランペイジが判定勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
ランペイジ・ジャクソン(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
マット・ハミル(米国)

まずは右ローを見せたハミル。さらに左ハイを繰り出し、右ローにつなげる。ハミルのテイクダウン狙いを警戒し、慎重な立ち上がりのランペイジは、そのテイクダウンを切って再び距離を取る。

ハイキックからローを見せ、左を伸ばしたハミルにランペイジは待ち構えて左から右を放つ。ハミルのパンチにも余裕を持って見切るランペイジだったが、テイクダウンのフェイントが入ると、ガードが下がることも。

遠い間合いから踏み込んでテイクダウンを狙うハミルをランペイジは左手一本を受け止める。何とか至近距離に入りたいハミルだが、ランペイジの左を受けて前に出ることができない。

遠い距離からテイクダウンを狙っては、切られるハミル。残り40秒でニータップを仕掛けるが、これもヒザのカウンターで阻止された。残り20秒で、ハミルはランペイジのパンチのラッシュで唇をカットし、コーナーへと戻った。


2R、開始早々に左ハイを見せるハミルに、ランペイジは踏み込んで左を打ち込む。前に出てくるハミルに、ジャブだけでなく右ストレートを待ち構える。必死に踏み込んでくる相手のヒザを蹴り上げ、逆にケージへと押し込んでいく。

胸を合わせた状態になり、ハミルはシングル狙い。しかし、ランペイジは動じず、逆に右フックを振るって距離を詰めると、ヒザ蹴りへとつなげる。スタミナも問題視されたランペイジは、やや口が半開き状態で動きもコンパクトに。そうなると、ハミルが勢いを持って前へ出ることが可能に。

テイクダウンに結びつかないが、二度ほど踏み込みが深くなる。残り30秒を切り、スタミナを気にしない時間帯になると、ランペイジはハミルのキックに、フック、アッパーとつなげ、しっかりとラウンドを奪っていった。

最終ラウンド前にセコンドのランス・ギブソンが厳しい口調で指示を与える。ランペイジは自ら距離を詰め、右を繰り出す。右ストレートから右フックが空振りに終わると、ランペイジはクルリと一回転。やはりスタミナをロスし、体の軸をなくしつつあるか? それでもテイクダウン狙いは対処するランペイジは、ハミルの左を受けてなお、前に足を進める。

左から右、さらに左につなげたランペイジは、組みついてくるハミルにヒザを見舞っていく。しっかりと組むことができないハミルはダブルレッグもワキを差し上げられ、距離を取り直すことが余儀なくされる。

ハミルが下がると、前に出てパンチを放つランペイジ。右から左のフック、さらにローからバックに回り込む。残り90秒、腰に手をやり、相当疲れを感じさせるランペイジだが、それでもプレッシャーを与えて前に出ると、ハミルをケージに押し込む。

ハミルが態勢を入れかえるが、最後までテイクダウンを許さなかったランペイジは、スーパーマンパンチからヒザを蹴り、最後までパンチを振るい続けて試合終了のホーンを聞いた。切れつつあるスタミナを把握し、スマートに闘ったランペイジは最後までテイクダウンを許さずフルマークの判定で、ハミルを下した。

「KOを狙ったけど、ハミルはタフだった。申し訳ない」とファンに詫びたランペイジだが、やり切った満足感を感じさせた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie