この星の格闘技を追いかける

【Challengers】ヒーリー、根性のスクランブル合戦制す

<ライト級/5分3R>
パット・ヒーリー(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ライル・ビアボーム(米国)

いきなりハイキックから、ダブルレッグを見せたビアボームはシングルに切りかえるが、テイクダウンにはいたらない。向きを入れかえ、脇を差しあげたヒーリーに対し、離れ際にパンチを見舞うビアーボーム。距離ができるとヒーリーは左を伸ばし、逆にテイクダウン狙いへ。ビアボームは引き込みから、すぐにシングルを狙い態勢を入れかえると、ケージまでヒーリーをドライブし、右肩に担ぎ上げて豪快にテイクダウンを奪う。

しかし、直後に上を取ろうと反応したヒーリーに対し、ビアボームは自ら立ち上がり、ケージレスリングの展開が続く。距離を取ったビアボームは、遠い距離から低いダブルレッグを仕掛け、ヒーリーを押し込み、巧みにバックへ。ならばとスイッチ+アームロックの攻防から、バックに回ったヒーリー。ビアボームが距離を取ると、両者パンチを打ちあい、初回を戦い終える。


2Rも開始早々、ダブルレッグを見せたビアボームは執拗にケージに押し込んでテイクダウンを仕掛けていく。ケージを背に、ビアボームの手首を掴んで、防御するヒーリー。低い体勢で股下に潜り込んできたビアボームを横三角に捉えようと試みるが、首を引抜き抜かれ、またもダブルレッグを仕掛けられる。

と、クラッチを外し左右のフックを見せると、ヒーリーは首相撲の態勢へ。この動きにビアボームは瞬時に反応し、腰を落とし一気にダブルレッグへ。そこから再び、潜り込み、リフトアップを狙うビアボームを横三角のように捉えたヒーリーは、同時にアームロックも仕掛ける。

横三角+アームロックという複合技から、ビアボームの頭を両足で挟んだまま、今度は逆の手にアームロックを仕掛けたヒーリーは、ロックを外し、残り10秒、パウンドを落しラウンドを終える。

3R、まずはヒーリーが左右のフックからシングルを見せる。距離を取ったビアボームは左ハイ、右ローを放っていく。首相撲からヒザを突き上げたヒーリーに対し、ケージを背にしてパンチを振るうビアボーム。その顔面にヒーリーの左がヒットし、直後にテイクダウンに成功する。

胸を合わせようとしたビアボームからバックを奪い、自らマットに背を付けたヒーリー。ビアボームの右腕を足でフックし、チョークへ。腕一本のチョークから頭を引抜き、スクランブルから逆にバックに回りこもうとしたビアボームは、結局正対してきたヒーリーからトップを取る。

直後にパスガードを決めたビアボームだが、ヒーリーは足を戻し、ガードへ。ロックアップからスイープを狙うヒーリーの腕のなかで、ビアボームは体を反転させて、一瞬背中を向け、そのまま胸を合わせようとする。ここでダブルアンダーフックが効き、ヒーリーがスイープを決める。

立ち上がったビアボーム、バックにヒーリーが回り込むと、前転してヒザ十字を狙う。両者、トップを狙いつつ、スタンドへ戻ると、試合終了までの10秒間、最後の力を使いきるように殴り合う。最後の無酸素運動も決定打のないまま、試合はタイムアップへ。

連続するテイクダウン、スクランブル、スイッチ、サブミッション、リバーサルとパンチのファイヤーワークス。ノンストップの目まぐるしい攻防は、ビアボーム、ヒーリーともに十分なスタミナを持っているからこそ。結果、ジャッジは3者とも29-28をつけ、ヒーリーが根性マッチ、削り合いを制した。

「彼はトラッシュトークを続けたけど、僕はやるべきことをやっただけだ。素晴らしい試合だったと思う、リマッチならいつでも受けるよ」と勝者。リングアナの「ホルヘ・マスヴィダルとビリー・エヴァンゲリスタの勝者と対戦は?」という誘導尋問を、兄弟への感謝の言葉でかわし、BJ・ペンにバタフライガードなど指導を受けたことを明かした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie