この星の格闘技を追いかける

【BFC34】相手の土俵で戦った藤井、涙飲む

2010.10.29

<女子115ポンド・トーナメント決勝/5分5R>
ゾイラ・フラウスト(米国)
Def.5R終了/判定2-1(49-46、48-47、47-48)
藤井惠(日本)

サウスポーの構えから、左を伸ばしつつ前に出る藤井、フラウストは左右に足を使いながら右ストレートを見せる。フラウストの右、藤井の左が時間差で放たれ、藤井は目先を変えるためか左ハイを繰り出す。フラウストも右ハイを見せるが、互いに相手の攻撃を良く見ている。と、ここで藤井の左でフラウストが尻餅をつく。すぐに立ち上がったフラウストに左から右を放った藤井、残り2分までテイクダウンは仕掛けていない。

藤井の左とフラストの右が相打ちになるが、距離が詰まると両者ともスッとステップバックする展開が続く。藤井の右ローに、フラウストが右を合わせる。セコンドの「あと1分」の声が響き渡るなか、藤井の打撃戦が続くが、フラウストの右ハイを受け、思わずケージサイドまで後退する。

その後、粗いパンチのラッシュの精度は低いが、勢いに押された藤井がテイクダウンを狙ったように見受けられたところで、初回が終了した。終盤の印象は悪いが、パンチで尻もちをつかせた藤井がラウンドを取って然りの1Rだった。


1R終盤の勢いそのまま、パンチのコンビネーションを見せたフラウスト。藤井の左を受けてなお、右ハイキックを放っていく。フラウストの蹴りをキャッチした藤井だが、テイクダウンにはいかず、つかんだ足を離してスタンド戦を続ける。大振りのフラウストの右に対し、藤井はショートレンジで連打を見せる。

藤井の連打に後退したフラウストは、ミドルを放つがこれも藤井にキャッチされる。蹴りを多用したフラウストだったが、クリーンヒットはなく、藤井のショートのコンビネーションの精度が上回ったように見受けられた2Rが終了する。

3R、再び慎重な立ち上がりを見せる両者。フラウストの右ローがヒットする。藤井は左を伸ばすが、ややサイドに流れながらのパンチだったのでダメージは与えられない。残り2分を切るころにフラウストの右がヒット。反対側のケージまで後退した藤井を追いかけたフラウストが、ハイキックを見せるが、これは空振りに。

残り40秒になり、フラウストの左右のフックで再び、藤井が後退。パンチに合わせて組みつくことができず、藤井は距離を取りながら、このラウンドを戦い終えた。

左目を腫らした藤井、4Rも序盤は距離を測る展開に。左を伸ばした藤井、あくまでも待ちの態勢のフラウストは、ケージ際まで下がり大振りの右を見せる。果敢にワンツーで距離を詰めた藤井だが、フラウストはステップバック。直後に左右のパンチを放ち、藤井の前進を止める。

それでも前には出てこないフラウストのローがヒット、さらに両者のパンチが交錯すると、藤井の動きが一瞬止まる。前に出て左を伸ばす藤井が、ここで組みつきヒザを突き上げる。態勢を入れ替えたフラウストもヒザを返す。と左フックを見せたフラウストに、藤井が首投げを見せるが、ここは投げきれない。残り10秒、飛び込んだ藤井だったが、右のフックを受けて思わず頭を下げてしまう。

最終回、ここまでは38-38という見方が強いなか、最初の1分はまたも距離の取り合いに。左を伸ばした藤井、フラウストは左ローを返していく。左から組みつこうとした藤井をサークリングでかわしたフラウストは、あくまでもカウンター狙いの姿勢を崩さない。

大振りの右を見せたフラウスト、藤井はここで距離を詰めたいところだ。距離を詰めて、ヒザ蹴りからスッと下がった藤井。出てこない相手にステップイン&バックを見せるピンポイントの攻めは有効か。

藤井の左がヒットしたかに見えたが、一瞬遅れて出されたフラウストのパンチの威力が大きく見える。直後に組みついた藤井は、ここでもテイクダウンを奪えず自ら距離を取る。残り40秒、ついにテイクダウンを奪った藤井に、観客席からは大きな声援が起こる。残り15秒、トップを維持した藤井は、試合終了のゴングが鳴ると大きく両手を突き上げた。

最後のテイクダウンがきき、藤井が王座戴冠に一歩近づいたようにも取れるが、果たしてジャッジの裁定は――。まずは48-47でフラウスト、初回をフラウストのラウンドとしたのだろうか。2人目のジャッジは逆に48-47で藤井を支持、ある意味、順当な判断だ。

そして最後のジャッジは49-46でフラウスト。BFC初代世界女子115ポンド王者はゾイラ・フラウストに。藤井が1ポイントしかとっていないということは、最終ラウンド以外はフラウストのラウンドと見たのだろうか――、納得するしかないが、スッキリとはしない判定で藤井は敗れた。

涙を見せたフラウストに対し、藤井は「彼女の得意分野で戦いたかったので、打撃が多くなったのですが、ベストを尽くせたと思います」とコメント。結果論だが、この裁定結果を受けると、思い切ったガードワークからの仕掛けが見たかった試合ではあった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

HEAT44

Gokikai Karate

ONEday