この星の格闘技を追いかける

【PXC42】約6カ月ぶりの参戦、矢地が汚名返上のPXC初勝利

2014.03.01

<フェザー級/5分3R>
矢地祐介(日本)
Def.3-0
カイル・レジェス(グアム)

矢地は昨年8月にトビー・ミセッチにKO負けして以来のPXC参戦。サウスポーの矢地はケージ内を大きく右に周りながら左ミドル。レジェスの蹴り足をキャッチしてテイクダウンを奪う。レジェスは下から腕十字や足関節を狙い、体を起こして立ち上がる。矢地はそこにフロントチョークを狙うが、レジェスの頭が抜ける。ここからレジェスがシングルで矢地をケージに押し込みつつ、ダブルに切り替えてバックをうかがう。矢地はアームロックの形を作って、そのままグラウンドへ。腕を起点にレジェスをコントロールし、バックに回り込む。両足を4の字クラッチしてバックマウントからパンチを落とす矢地。レジェスの動きに合わせて腕十字を狙うが極めきれない。

2R、矢地が左ハイキックと左ミドル。レジェスも左フックで前に出る。右目じりをカットする矢地は右フックから左ストレート、レジェスの外側に回り込むようにパンチをまとめる。さらにタイミングよく左ハイキックを当てる矢地。レジェスも左フックから右ストレートで前に出ていくが、矢地はバックステップでかわす。右を見せてから左ストレートで飛び込んで左ハイ、細かいステップと出入りでレジェスを翻弄する矢地。しかしレジェスが矢地のハイキックをキャッチしてテイクダウン。矢地の三角絞めを外してバックに回り込むと、一気にスリーパーの態勢に入る。ピンチを迎えた矢地だが必死のディフェンス。一度はマウントポジションを奪われるも、すぐにブリッジして足を入れると外掛けから足関節を仕掛ける。

3R、右を突きながら左ストレートと右フックの矢地。レジェスも距離が詰まると強い右ストレートを返す。矢地は距離を取りながらインロー、レジェスは右を振って前に出る。レジェスの前進に右フックを狙う矢地、レジェスも矢地のインローに左フックを返す。パンチと蹴りを強振して前に出ていくレジェス。組みついた矢地は外掛けでテイクダウンしてバックへ。ハーフガードで上になるとパンチとヒジ打ちを落とす。レジェスも立ち上がるが、矢地は距離を取って打撃の間合いを外す。2Rのバックチョークにヒヤリとする場面があったものの、矢地が約6カ月ぶりの参戦で、PXC初勝利を収めた。

試合後、リングアナウンサーに次戦を聞かれた矢地は「すぐ!すぐ!」と日本語で回答。さらに「ネクスト、KO!」と興奮気味にファンにメッセージを送った。

PR
PR

関連記事

Movie