この星の格闘技を追いかける

【Shooto2020#01】仲山貴志、手数&精度で上回りTOMAを下して新チャンピオンに

Nakayama【写真】「このベルトは田村(彰敏)さんが巻いていたモノです。津田沼に持ち返ることができます」と新チャンピオン仲山は話した(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<修斗環太平洋フェザー級選手権試合/5分3R>
仲山貴志(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.27-30
TOMA(日本)

様子見の展開のなか、左をちらつかせ圧力を掛けるTOMAがローを蹴る。仲山のテイクダウンを切ったTOMAはケージに押し込むが、首相撲に取られ離れる。左ローを続けるTOMAに対し、仲山も右ローを返す。右ローに右を合わせた仲山は残り20秒でテイクダウンを決め、王者が立ち上がるも初回をリードしたか。

2R、仲山が右ロー、TOMAは左ロー。手数は多くないが、TOMAはローにテイクダウンを合わされそうになり、これを切ってヒザを突き上げる。離れた仲山はTOMAが伸ばしている右手を叩き、右をノーモーションで繰り出す。続いて右ローを蹴った仲山はローを続け、TOMAが左ローを返す。仲山は右ハイを蹴り、次のテイクダウンをTOMAがカット。それでも近づくと首相撲からヒザを狙う。さらに右ミドルを入れた仲山は、右ロー。TOMAはローこそ当たるが、右フックも空振りし最後にサイドキック。この回も精度で仲山が上回った。

最終回、仲山の右ミドルにチャンピオンが左を合わせようとするがクリーンヒットはしない。シングルを切られた仲山は立ち上がってからミドル、そして右を伸ばす。TOMAは左を当て、組みも切り右ジャブを届かせる。なかなか手が出ないTOMAに対し、蹴りからシングルレッグを仕掛けた仲山は、切られても積極性で上回っている。TOMAが手数を増やすと、組みを増やした仲山はジャブを被弾する。TOMAは左を振るうが、仲山の右オーバーハンドで顔面を打たれる。テイクダウンを切ってトップを取ったTOMAがパウンドを落とすも、立ち上がった仲山はパンチを入れて離れタイムアップに。

圧力を掛けたのはTOMAだが、手数、精度とも挑戦者が上回ったように見えたが……果たして、結果はスプリットで仲山がTOMAを下し新環太平洋フェザー級王者に輝いた。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie