この星の格闘技を追いかける

【UFC177】公開計量終了。ヘナン・バラォン欠場、ジョー・ソトがスクランブルでディラショーに挑戦

Soto【写真】急遽、タイトル挑戦が決まったジョー・ソト。計量後のコメントでは、若干の戸惑い、場馴れしていない様子だった (C)JEFF SHERWOOD

29日(金・現地時間)、30日(土・同)にカリフォルニア州サクラメントのスリープトレイン・アリーナで開催されるUFC177 の公開計量が行われたが、そこに現れるべきヘナン・バラォンの姿は見られなかった。そしてイベント名も急遽「Dillashaw vs Barao 2」から「Dillashaw vs Soto」に変更された。

この日の午後に、メインでUFC世界バンタム級王者TJ・ディラショーに挑戦予定だったバラォンが減量中に体調を崩し病院に運ばれ、ドクターの判断により欠場が決まったことが明らかとなった。この緊急事態にUFCでは、この日アンソニー・バーチャクを相手にオクタゴン初陣を迎える予定だった元Bellator世界フェザー級王者ジョー・ソトを挑戦者に指名することとなった。

バラォンは宿泊先のホテルの浴槽で減量に臨んでいたところ、立ち上がり際に意識を失いバスタブで頭を強打したという情報も流れている。彼の欠場に際し、ダナ・ホワイトは公式ホームページ上で症状はあまり分かっていないとし、「もうバンタム級で戦うことは無理。ジョゼ・アルドとは戦いたくないんだろうけど、フェザー級に階級を上げて、アルドがライト級で戦うべきだ」と語っている。

まさにスクランブル状態で王座挑戦が決まったソトは、キャリア15勝2敗。レスリングベースで柔術も熟知しており、初代ベラトール世界バンタム級王者にもなっている。その後、初防衛戦でジョー・ウォーレンとの乱打戦で逆転負けを喫し失うと、復帰戦となったTPFでの試合ではその後のUFCファイター、エディ・ヤギンにギロチンでまさかの連敗。ここからTPFを中心にキャリアの再構築に挑み、現在6連勝中だ。

ベチ・コヘイアとシャイナ・ベイズラーが場を盛り上げた公開計量のステージ、セミのご当地ファイター=ダニー・カスティーロとトニー・ファーガソンが、レスリング×ディフェンスというステアダウンを終えると、煽り映像もなくメイン代役出場のソトがステージに登壇した。1ポンド・オーバー規約のない世界戦だけにソトはしっかりと135ポンドに体重を落とし、スケールの上で雄叫びを挙げた。王者ディラショーもリミット丁度でパスすると、両者はフェイスオフ。

急遽挑戦にどんなことが脳裏を掠めたかというジョー・ローガンの問いに「とにかくもう1ポンドを落さないとって思った」と語り、本来は長い期間が必要なタイトル挑戦がこのように実現したことに関しては「この日のために毎日トレーニングをしてきたし、準備は出来ている。ファンのためにも良い試合がしたい」と話した。

一方のディラショーは「ヤツは怖がったんだ。戦いたくなかった。彼のコーチの方が本人よりもリマッチを望んでいた。一度も計量の失敗なんてなかったのに、このザマだ。僕はカンパニーマンだ。世界チャンピオンとして、誰にでも勝たないといけないし、特にここサクラメントの熱烈なファンの前で、彼らが喜ぶ試合をする」と話し、ステージをあとにした。JUST ONE MOREというTシャツの文字がやけに印象の残ってしまうディラショーだった。

またデビュー戦が注目されたヘンリー・セフードも減量の影響でドクターストップが掛かり、欠場することが既にアナウンスされており、今大会はバラォンよりも減量が進み、計8試合のスリムイベントとなる。

■UFC177 計量結果

<UFC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者] TJ・ディラショー:135ポンド(61.24キロ)
[挑戦者] ジョー・ソト:135ポンド(61.24キロ)

<ライト級/5分3R>
トニー・ファーガソン:155.5ポンド(70.53キロ)
ダニー・カスティーリョ:156ポンド(70.76キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ベチ・コヘイア:135.5ポンド(61.46キロ)
シャイナ・ベイズラー:135ポンド(61.24キロ)

<ライト級/5分3R>
ラムジー・ニジェム:156ポンド(70.76キロ)
カルロス・ディエゴ・フェレイラ:155.5ポンド(70.53キロ)

<ライト級/5分3R>
ヤンシー・メデイロス:156ポンド(70.76キロ)
デイモン・ジャクソン:155ポンド(70.31キロ)

<ミドル級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン:186ポンド(84.37キロ)
デレック・ブルンソン:186ポンド(84.37キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ルアン・ポッツ:248ポンド(112.49キロ)
アンソニー・ハミルトン:255ポンド(115.67キロ)

<ライト級/5分3R>
クリス・ウェード:155.5ポンド(70.53キロ)
ケイン・カリゾサ:155.5ポンド(70.53キロ)

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie