この星の格闘技を追いかける

【TFC DREAM07】元海軍士官チェ・ソォホが、デビュー戦対決でチョ・ソォホからTKO勝ち

<バンタム級/5分3R>
チェ・ドンフン(韓国)
Def.2R3分19秒by TKO
チョ・ソォホ(韓国)

サウスポーに構えたチェが、すぐにオーソに戻す。チョは右ロー、チェは右オーバーハンドからワンツー、チェもワンツーを返す。チョのワンツーに、チェがカウンターで右を合わせ、右オーバーハンドにもローを蹴っていく。チョは左ボディストレート、左のパンチは力み気味だ。チェも距離を詰めてパンチを纏め、サウスポーにスイッチ。前蹴りを入れてオーソに戻し、ローを蹴る。互いに足を蹴り、チェがワンツーを繰り出す。チョの右ミドルをキャッチして、左で殴ったチェだがローに左を合わされる。切れのある右ローを入れたチョは、直後にチェの右を被弾してダウン、立ち上がってもパンチを纏められる。初回はチェのラウンドとなった。

2R、スイッチして前に出たチェが右を当てる。オーソに戻すと、チョが右ローを3発入れ、チェが構えを変える。それでもオーソから右を入れたチェはスイッチしてミドルを蹴られても、右ジャブを伸ばす。さらに右ハイを当てたチェは、ローに右オーバーハンドを合わせ、ミドルを蹴られてもショートでパンチを入れる。直後にボディを効かされたチョはテイクダウン狙いを切られ、バックを取られ殴られる。立ち上がったチェに対し、ガードを取ったチョはレフェリーに立たされる。

直後に急所を切られたとアピールしたチョ、明らかに腹のダメージからの回復を狙っている。再開後、右を当てたチェが圧力を高めてワンツー、さらに右を当ててダウンを奪う。テイクダウン狙いを切られ、殴られたチョの動きが止まり試合は決した。

元海軍士官、チェ・ドンフンが期待以上の動きでデビュー戦同士の試合でTKO勝ちだった。


PR
PR

関連記事

Movie