この星の格闘技を追いかける

【Bellator ES06】TDから抑え続けられ、バクに敗れたブレイジャーがFワード連呼

<ライト級/5分3R>
ソーレン・バク(ノルウェー)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
テリー・ブレイジャー(英国)

打撃戦がしたいブレイジャーに対し、組んでケージに押し込むバク。ダブルレッグでテイクダウンを奪うと、下になったブレイジャーが立ち上がろうとしたところで肩に担いでスラム。サイドで抑えてスタンドに戻らせない。ブレイジャーが足を戻しても、すぐに両足を跨ぎ、ケージを背にして座らせたバクはブレイジャーの右手を引いて背中をマットにつけせるとマウントを奪取する。ブレイジャーがケージキックで暴れるが、両足を束ねられた状態に戻すにとどまった。

2R、左ジャブを伸ばすブレイジャーに左右のローを蹴るバクは、ボディを被弾したがダブルレッグでテイクダウンし、即両足を束ねて跨ぐ。ハーフからマウントを取ったバクが、ブリッジを潰して肩固めを狙う。フレームを作って耐えるブレイジャーは、上体を起こしたバクがエルボーをおとり、肩固めへ。後方回転して防御したブレイジャーはスクランブルでバックへ。胸を合わせて離れたバクが、直後にダブルレッグから得意の足を束ねる形で抑え、ブレイジャーがケージを背にして座った形になりタイムアップを迎えた。

最終回、右オーバーハンドを当てたバクが、距離を詰める。テイクダウンを恐れ、勢いのあるパンチを出せないブレイジャーから簡単にテイクダウンを奪ったバクは、サイドから両足を跨ぎマウントへ。ブレイジャーはケージを蹴ってスクランブルに持ち込んだものの直後にテイクダウンを許してしまう。足を跨がれた状態でブレイジャーがキムラを仕掛けるが、これは決まらず細かいエルボーを頭部に落とす。

ブレイジャーはFワードを発し、立ち上がろうとしたがケージを背に座り、足を制された状態が続く。最後までスタンドに戻ることができなかったブレイジャーは試合終了と同時に憤懣やるかたない表情を浮かべたが──組み力が不足していたことは否めない。

結果はジャッジ1人が29-28をつけたものの3-0でバクが勝利、勝利者インタビューが始まるや敗者がマイクを取って「マザー〇ァッカー」と叫んだ行為は、非常に見苦しいものだった。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie