この星の格闘技を追いかける

【Shooto 30th Anniv.T02】ハワイの剛腕モンダラと対戦、中村優作─02─「僕の方がパンチは速い」

Yuchaku【写真】スベリ知らずというか、スベらないこと知らずの中村優作。とにかくマイクはともかく周囲のことを気にせず、吹っ切った試合を見せてほしい (C)MMAPLANET

24日(日)に東京都港区のニューピアホールで開催される「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR第2戦」でロドニー・モンダラと対戦する中村優作インタビュー後編。

RIZINを経験し、勝利を欲し勝ちに徹するという中村は、剛腕モンダラに対して、どのような印象を持っているのか。そして、意外な翔兵とブラザーの関係とは?

<中村優作インタビューPart.01はコチラから>


──そのようななか、絶対に勝ちたい試合で対戦するのがハワイX-1バンタム級王者ロドニー・モンダラです。

「力が強そうですよね。体つきも凄いし、筋肉モリモリで肩とかもゴリゴリで」

──パンチの回転数とか、やはり日本ではなかなかいない相手かと思われます。

「そこはもう僕の距離感で、安全運転・中村優作を見せるので(笑)」

──安全運転ができれば勝利に近づきますね。

「完全に距離感、間合いは僕の方が遠くて。間合い勝負をすれば誰にも負けないつもりなので、そこで勝負したいですね」

──接近戦を許さないと? それでも入って来た時のことも想定しないといけなくはないですか。

「でも、そこは僕もやってきているんで。自信をもって勝負します。入られても、僕の方がパンチは速いですから」

──モンダラは土屋選手との試合で、自分の攻撃に夢中になる余り、テイクダウンをズバッと許す場面も見られたかと。

「テイクダウンされることを気にしていないような試合展開かと……下になっても殴ってダメージを与えにいく。そういう試合ばかりをしてきていますね」

──そんな相手だからこそ、組んで削るという選択は?

「いや、それはないです。ただ、そうなった場合でもグラップリングはずっとやってきて成長はしているので……。そうなったら、そうなっったで組みでもいけます。ただし、僕はそこで戦う人間ではないので基本的には打撃で戦おうと思います」

──あの勢いで戦い続けることが、モンダラはできるのかも試合のカギを握る重要な要素になりそうですね。

「だから空振りをさせたいですね。空振りをすれば疲れますし。空振りさせまくりたいです」

──そんななか先日のパンクラスでライリー・ドゥトロが翔兵選手に敗れました。自分をKOした人間が、他のプロモーションで負けるというのはどういう心境になりますか。

「一つは動きがめっちゃ悪かったと思います。足も全然動いていなかったですし、あんな感じやったんかなとは感じました。でも、それは翔兵ちゃんがそういう風に戦ったということかと思いますし」

Shohei chan──翔兵ちゃん?

「ハイ、翔兵ちゃんがやってくれて嬉しかったです。2週連続でハワイの選手に勝ってやろうやないかって思えました。僕と翔兵ちゃんはブラザーの関係なので」

──そんなに親しいのですか、知らなかったです。

「お互いスベリ知らずの芸を持っているんで(笑)」

──なるほど、そういうことですか。つまりは滑らないこと知らずのマイクということですね(笑)。翔兵選手のマイクやコメントは、なんか入りすぎていていつも微妙な空気になるというか……。

「アハハハハ」

──周囲がどう思おうが、関係なく話し続けている感じがします。対して中村選手は周囲のことを気にしすぎて外してしまう。

「いや、ホンマそうですね。オモロイこと言おうって思って、滑ってしまうんです。翔兵ちゃんはそういう風に空気が読めないところが、戦っていても強みになっているんでしょうね。滑っていても気にせずに話し続けていますからね。

僕は逆にすぐに人を気にしてしまうんですよ。そこを気にせんでおれる人は強いなって思います」

──では日曜日の試合は、人の目など気にせずにいってください。

「そうですね、勝つために戦います」

──改めて今回の試合に向けて、決意のほどを最後にお願いします。

「そうっスね。あのう……またRIZINの時より成長しているので。その姿を見てほしいです。応援よろしくお願いします」

──押忍、ありがとうございました。

「スイマセン……なんか今回、面白いこと言えなくて」

──今回“も”、ですよ(笑)。

「いやぁ……」

──そして既に気にしている。

「アッ……」

──大丈夫ですか?(笑)。最後まで調整が上手くいくこと願っています。

「ハイ。そこはバッチリです。59キロ契約で減量がないので、凄く調子は良いですし、動きも完全に動けている感じなので。バンタムとフライの間をとって59キロの体重契約といことは、相手は体が戻ると試合の時は大きくなるでしょうね」

──ただし、いつもより2キロ以上も多く減量するとかなり疲弊することもあり得ます。

「そうですね。たとえ当日に大きくなっていても、僕は減量がなくて、元気なままなので大丈夫です!!」

■SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 02対戦カード

<バンタム級/5分3R>
平川智也(日本)
安藤達也(日本)

<59キロ契約/5分3R>
中村優作(日本)
ロドニー・モンダラ(米国)

<フェザー級/5分3R>
内藤大尊(日本)
工藤涼司(日本)

<ストロー級/5分3R>
木内“SKINNY ZONBIE”崇雅(日本)
楳沢智治(日本)

<バンタム級/5分2R>
海下DRAGON竜太(日本)
倉本一真(日本)

<フライ級/5分2R>
梶川卓(日本)
関口祐冬(日本)

<ストロー級/5分3R>
牧ヶ谷篤(日本)
内田タケル(日本)

<Woman’s SHOOTO 50キロ・インフィニティリーグ2019/5分2R>
原田よき(日本)
杉本恵(日本)

<フェザー級/5分2R>
高橋孝徳(日本)
稲葉聡(日本)

<フェザー級/5分2R>
ほしのゆたか(日本)
久保村 ヨシTERU(日本)

<ストロー級/5分2R>
飯野タテオ(日本)
児玉勇也(日本)

<フェザー級/5分2R>
藤木龍一郎(日本)
木下タケアキ(日本)

<バンタム級/5分2R>
鬼神光司(日本)
松下祐介(日本)

<バンタム級/5分2R>
岩鬼(日本)
よしずみ(日本)

<ライト級/5分2R>
宍戸航太(日本)
ヨシ・イノウエ(日本)

<2019年度新人王決定T1回戦バンタム級/5分2R>
野尻定由(日本)
奥平季之(日本)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday