この星の格闘技を追いかける

【Brave CF16】ピットピットンゲは、バーレーンのハムザ・アルコーヘジに組み負ける

<バンタム級/5分3R>
ハムザ・アルコーヘジ(バーレーン)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
クリサント・ピットピットンゲ(フィリピン)

PXCで田中路教とバンタム級王座を争ったこともあるピットピットンゲが、ブレイブCFに出場。左インサイドローを入れたサウスポーのアルコーヘジに、ピットピットンゲが左アウトサイドローから右フックを振るう。左ミドルを返したアルコーヘジ、続くローが急所に入りピットピットンゲがブレイクを要求する。再開後、アルコーヘジのローにピットピットンゲがパンチを合わせる。右オーバーハンド狙いのピットピットンゲが、右ボディを打ち込む。さらに右ローを当てると、アルコーヘジが急所だとアピールするがレフェリーは試合続行を命じる。

ケージにアルコーヘジを押し込んだピットピットンゲが、シングルレッグでテイクダウンに成功する。しかし、直後のアルコーヘジの腕十字を防いだピットピットンゲだったが、立ち上がることを許してしまう。体を入れ替えようとしたアルコーヘジに対し、反り投げ気味のテイクダウンを狙い、すかされたピットピットンゲだが反撃を受けることなく初回を戦い終える。

2R、左ローをキャッチされテイクダウンを許したピットピットンゲは、ハイガードを担がれてサイドを取られる。アルコーヘジはエルボーを落とし、シングルに出たピットピットンゲのバックに回る。キムラクラッチのピットピットンゲだが、ワキ腹にヒザを受ける。ワキを潜ってバックコントロールの状態としたピットピットンゲは、スクランブルでシングルレッグを決める。アルコーヘジもすぐに立ち上がり、胸を合わせると離れたピットピットンゲに左ロー、続いて左ミドルを決める。

今度はスピニングバックキックを見せたアルコーヘジは、ピットピットンゲの大振りの左フックにシングルレッグを合わせて2度目のテイクダウンに成功する。バックに回り、勢いのある右のパンチ&鉄槌を打ち付けたアルコーヘジはバックマウントを取り、RNCへ。ピットピットンゲも足のフックを解くまで暴れたが、この回を完全に落とした。

3R、スタンドでローを蹴り合った両者。アルコーヘジが左ジャブを当て、テイクダウン狙いへ。切ったピットピットンゲがヒザを頭部に蹴り込み、逆にダブルレッグでケージに押し込むと、シングルでリフトアップしテイクダウンを奪う。起き上がりながらシングルを仕掛けたアルコーヘジがリバーサルに成功する。ピットピットンゲもシングルを狙うが、アルコーヘジはがぶってバックに回りこむ。前方にピットピットンゲを崩し、後方からパンチを入れるアルコーヘジ。

ピットピットンゲは後方にエルボーを放つが、逆にパンチを顔面に連続で被弾する。立ち上がることができないピットピットンゲ。残り40秒でスタンドに戻ったものバックを制されたままで、アルコーヘジがヒザを顔面とボディに突き刺す。再び前方にピットピットンゲを倒したアルコーヘジが、そのままタイムアップを迎え判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday